So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ひょっとしてレコ発2018 [音楽]

以前からずっと行ってみたいと思っていた林檎ちゃんのライブに
初参戦してきました!
初心者マークの椎名林檎ライブの感想です。
※ややネタバレありにつき、ご注意ください。

ひょっとしてレコ発2018@国際フォーラム

Twitterとかやってないので、事前情報ゼロ。
予習ゼロの状態で臨んだライブ。
勝手な先入観で、お客さんは女子率が高そうと思っていたけれど
結構男性も多く、スーツ姿の人達も見かけました。
あと、コスプレイヤーがいるのかと思ったら、意外といなかった。

そして一番驚いたのは、林檎ちゃんライブのマストアイテム、
手旗の普及率。
とはいえ、中には初めての人もいるだろうし、ファンでもそこは
ちょっと…な人もいるだろうから、せいぜい7、8割ぐらいかと
思っていたのです。
ところがどっこい!
会場を見渡すと、ほとんどの人が持っていてビックリ!

あなどっておりました…スミマセン(汗)

幸い(!?)私の周りは持ってない人もちらほら見受けられ、
なんとなくホッ。
しかしライブ開始後、買えばよかったと後悔したのでした。
めっちゃ盛り上がってるんだもん…。

とにかくライブの演出がすごいっすね。
練りに練られた構成で、めちゃめちゃ凝ってる!
まるでショーを見てるみたい。
曲ごとにスクリーンに映し出される映像、デジタルサイネージで
流れる歌詞。
なにより、それに負けない歌い手の存在感とバンドの演奏。
林檎ワールドにすっかり引き込まれてしまいました。

バンドメンバーに、エレカシライブにも時々参加されている
山本拓夫さんや村田陽一さんがいらっしゃいました。

林檎ちゃんの声は曲によって七変化。
英語だけじゃなくフランス語の歌も発音がキレイ。
つくづく、才能にあふれた方なんだな~。

席が2階後方だったので、林檎ちゃんのヘアメイクや衣装などを
はっきり見ることができなかったのが残念…。
オペラグラスを持っていけばよかった(涙)
色とか雰囲気だけは把握できましたけど。
着物来てるなとか、足出してるなとか(苦笑)

今回のツアーは、昨年末に発売されたセルフカバーアルバム
「逆輸入 ~航空局~」収録曲を中心とのことでしたが、
「ギプス」「浴室」など、昔の曲も結構歌ってくれて嬉しかった♪
生で聴く「丸の内サディスティック」も素敵だったな~。

林檎ちゃんの好きなところは、独特な歌詞や言い回し。
特に生と死を意識しているようなところ。
音楽でも文学でもアートでも、生と死が感じられる作品に惹かれます。

ライブ後半では林檎ちゃん自ら手旗を振り、会場全体が手旗で
赤く染まっている光景は圧巻!
やはり買えばよかったと後悔したのでした(苦笑)

正味2時間のライブ。
MCなしで流れるような展開だったせいか「え、もう終わり?」という
感じはなく、いいもの見させて頂いたという満足感でいっぱいでした。

なんだか夢みたい…。
林檎ちゃんって実在するだな(苦笑)
ringo.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナイトタイム・パイプオルガンコンサート [音楽]

東京芸術劇場のナイトタイム・パイプオルガンコンサートに
行ってきました。

仕事や学校帰りに気軽にパイプオルガンの演奏を楽しめて、
1時間1,000円とリーズナブル。

東京芸術劇場は、コンサート、演劇、展覧会など、様々な
芸術鑑賞の場で、過去に何度か訪れたことがありますが、
コンサートホールは久しぶり。

中に入ると、正面の舞台上部に巨大なパイプオルガンが…!
想像よりも大きかったです。
こんなにどでかいのに、なぜ記憶にないのだろう(苦笑)

東京芸術劇場のパイプオルガンは、約9,000本のパイプからなる
世界最大級の規模を誇るそうです。

オルガンのデザインも 想像と違う。
パイプオルガンといえば、よく教会に置いてあるものを
想像してたのですが、ちょっと違うんです。

なんていうか。。。。
えっと。。。
そう!
不思議の国に生息している、巨大植物!という感じです。
(伝わりずらいので、後ほど説明いたします)

客層は仕事帰りのサラリーマン風な人、カップル、女性同士、
お一人様と、いろいろでした。

さて、今回のコンサートはオルガンだけでなく、ヴァイオリンとの
アンサンブルもありました。
このコンサート、定期的に行われているようですが、オルガンだけの
時もあったり、オルガンとチェロのアンサンブルという組み合わせの
時もあるみたいです。

演奏者も回によって違うようで。
今回はオルガンをジャン=フィリップ・メルカールトさん、ヴァイオリンを
玉井菜採さんが演奏されてました 。

プログラム内容は下記の通り。
1. バッハの名による前奏曲とフーガ(F.リスト)
2. 『フランス組曲 Op.59』より 第2曲「ナザール」(J.ラングレー)
3. 前奏曲とフーガ ト短調 Op.7-3(M.デュプレ)
4. オルガンとヴァイオリンのアンサンブル
  ヴァイオリン・ソナタ イ長調(第1楽章〜第4楽章)

知らない曲ばっかり(苦笑)
リストのピアノ曲は結構聴きますが、オルガン曲もあるんですね。
荘厳でいかにもパイプオルガンの曲という感じ。
厳粛な気持ちになりました。

そういえば、オルガンて足でも弾くんですよね。
客席からだと、オルガニストが背を向けて演奏している姿を
見ることが出来るので新鮮。
手と足で巧みに演奏している様が、迫力あります。

また、2階席だったので、ちょうど目線の先にオルガニストの
姿があり、見やすかったです。

2曲目は、不思議な感じの曲。
パイプオルガンのデザインとマッチした、不思議の国のテーマ曲
みたいに感じました(笑)
3曲目は、また荘厳な雰囲気の曲に戻りましたけど 。
4曲目は、ヴァイオリンが加わったことにより、ロマンティックな
雰囲気が加わったように感じました。
オルガンとヴァイオリンの組み合わせ、いいですね。

曲によって、オルガンを照らす照明が変わるのもステキ♪
音や色で、神秘的な世界にぐんぐん引き込まれていきました。

こうして1時間があっという間に過ぎていきました。
終演後、「オルガンが回転しますので、ご覧になりたい方は
そのままお席でお待ちください」というアナウンスが。

え、オルガンが回転?
よく意味がわからなかったのですが、興味深かったので
見てみることにしました。
すると、本当にオルガンがゆっくり回転し始めましたよ!
裏側はどんな風になってるんだろう?とワクワクしながら
見守っていると 。。。。

なんと…!
先程とは違うデザインのオルガンが出現!

先程のは不思議の国の植物的でしたが、こちらは格式高いお姿。
背中合わせにオルガンケースが2つ作られ、第1の面はヨーロッパの
伝統に沿ったデザインとなり、第2の面はコンピュータ制御により
回転するそう。
第1の面にはルネサンス様式とバロック様式という2台のオルガンが
はめこまれ、第2の面にはフランス古典期と19世紀フランス・ロマン派を
中心に20世紀の音楽にも対応できるようになっているとか。

なるほど。今回の演奏は第2の面だったのか。
うむむ。思ったよりも、ずっとスケールが大きかったです。
貴重なパイプオルガンの素敵な演奏を楽しめて、たった1,000円!
これって、めっちゃお得~♪
満足感高し!です。

↓こちらがそのパイプオルガン。不思議の国の植物…は右側です(苦笑)
https://www.geigeki.jp/house/organ.html
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

悲しすぎる結末 [音楽]

日曜日の朝、突然知ったSMAPの解散。

なんのことか、意味が分からなかった。
全然信じられなかった。

友達が心配してメールをくれた。
スマ友さんとも、久しぶりにメールで話した。
けれど、現実のこととは全然思えなかった。

今までだって、いろんなことを乗り越えて来た5人だから、これからも
きっと乗り越えてくれる。
そう信じてたのに…。

今日、家に帰るとFCから葉書が来ていた。
SMAPの解散を伝える内容。
先日のスマスマが終わるという発表に続き、「解散」が現実味を
帯びてしまった…。

連日テレビやネット等でいろんなことが言われてるけど、真相は
分からない。
きっと、本人達にしか分からない思いがあるんだろうし、周りが
とやかく言う事ではない。
でも。。。。でも、やっぱり受け止められない。

また5人でワイワイやってる姿や歌って踊る姿が見たいよー!
って、本音はそうなんだけれど、そういう私的感情は置いておいて、
問題は本当に5人がこれでいいと思っているのかってこと。

何度も話し合ったというが、5人だけで、それぞれ自分の思いを
ぶつけあったのだろうか。
100歩譲って、いや100万歩譲って解散するにしても、こんな結末は
残念すぎる。悔しすぎるよ…!

私達にたくさんの幸せをくれたSMAPだからこそ、幸せでいて欲しい。
解散という結論が、本人達にとって幸せだと胸張って言えるのなら、
精一杯応援するよ。

でも、もしもそうじゃないのなら。
今一度、立ち止まってみて欲しい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ギターの神様 [音楽]

もう一週間前のことになるけど。
エリック・クラプトン様の来日公演初日に行ってきた。

去年洋楽ロックにはまった頃、ギターの神様と言われるクラプトン様の
演奏をぜひとも生で聴いてみたいと思い、チケットをとった。
CD持ってないし、CMとかで流れる有名な曲しか知らないんだけどね(汗)

会場は、「ロックの聖地」日本武道館。
今回19日まで行われた日本公演で、日本武道館での公演は、なんと91回目!
海外アーティスト公演回数はナンバー1だそう。

そんなにスゴイ人だったのか…!と今さらながら驚く。
(それなのにCD聴いてなくてスミマセン)

開演30分前に会場に着くと、まだたくさんの人が外にいて、平日開催だから
出だしが遅いのか。
実際ライブ始まってからも、パラパラとやってくる人達がいた。

客層は予想通り、年齢高めで男性多し。
いつも行くライブとは全然雰囲気が違って、少し緊張したけど、
隣の人も女性のおひとり様だったので、少し安心。

それにしても、武道館のスタンド席って、いつ行っても迷う。
なんか分かりづらいんだよね。

2階スタンド席でステージが真横だったので、正面ではなかったけど、
ステージを見下ろす感じでよく見えた。
クラプトン様、ジャージみたいなのを着てて若い!
「コンバンハ~!」と言ってくれました♪

今回はギターに集中して聴くという、いつものライブとは違う
スタンスで臨んでみた。
ギターに詳しいわけではないけど、スゴイってことは分かりました。
ボキャブラリーが貧困…(苦笑)
ギターのリフがどうの…ってのは分からないけど、なんかギターと
一体化してるというか。
これがギターの神様なのね。
客席からも「神様~!」という声が飛んでいた(笑)

ギタープレイも軽やかで声も出てるし、とても70過ぎてるとは思えない。

しかし、アンコールは1回だけで2時間弱で終了。
みじかっ!
外タレは短いと聞いてはいたものの、これほどとは!
客席からも「えーーーー!」という声が聞こえたけど、その後に
「まあ70だから仕方ないか」という声も(苦笑)
ま、そうだよね。
初日だし、このあと4日間が控えてるからね。
そう思ったら、気持ちがおさまりました(笑)

Change the world歌ってくれなかったのは、残念…。
っていうか、ほとんど知らない曲だった。
聴かずに行ったのが悪いんだけど(汗)
次回はちゃんとCD聴いてから行きます。

神様、また日本に来て下さいね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

DEAR BEATLES [音楽]

知り合いに誘われて、「DEAR BEATLES」というライブに行ってきた。

THE BEATLESをこよなく愛するミュージシャンによる一夜限りのイベント
ってことで、なんと今年で14回目だそう。
こういうライブがあるなんて、全然知らなかった!

メンバーは下記の方々。
杉真理、坂崎幸之助(THE ALFEE)、リッキー(REVOLVER)、上田雅利(TULIP)
伊豆田洋之、小泉信彦、小室和之

この中で、THE ALFEEの坂崎さんは知ってるけど、杉真理さんは名前だけ
(後から「ウイスキーがお好きでしょ」を作曲したと知りビックリ!)、
他の方達はお恥ずかしながら、今回初めて知ったのだった。
それぞれのバックグラウンドを知ると、日本音楽界をけん引してきた
そうそうたる顔ぶれだったんだけどね。

会場は昭和女子大の人見記念講堂。
ちょうど一年前にジェットストリームのライブで来たっけ。
あれから一年か。時が経つのはホントに早いなあ。

知り合いがライブ関係者だったので、関係者用と書かれた入口を通り、
受付を済ませて会場の中へ。
こういうの初めてだったのですが、なんとなくいい気分ですね(笑)
席も関係者用のいい席で、ステージがとても見やすかった。

今回のライブは、昨年発売された「THE BEATLES 1」を演奏するってことで、
最初からものすごく期待していた。
というのも、以前記事にもupしたけど、「THE BEATLES 1」のブルーレイを
夜な夜な観ては涙ぐんだほど、それ以来ビートルズにはまっていたのだ。
だから、ライブに誘って頂いた時は、タイミングよくてビックリ!

しかし、最初の曲はなんと「The long and winding road」
いきなりアルバムの最後の曲って!
そう、このライブは最後の曲から最初の曲に遡っていくセットリストだった。
ひゃ~斬新!でも、それ正解!
この曲が最後だと、なんとなくしんみりしちゃいそうだし。
初期の作品に遡っていくってのは、若返っていく感じでいいですね。

それにしても、想像以上にクオリティが高くて驚き!
プロのミュージシャンにこんなこと言うのは失礼かもしれないけど、
皆さん歌がうますぎる!
演奏も、さすがに長年ビートルズの曲を演奏してきただけあって自然で、
聴いていてものすごく心地いい。

まるで、「THE BEATLES 1」の世界がそのままライブになったような、
本当に素晴らしい演奏だった。

途中で、ゲストの新山詩織ちゃんが出演。
「Across the Universe」「Twist and shout」と、あともう1曲歌ったけど
忘れてしまった(汗)
最初は緊張していたようだけど、伸びのある歌声で堂々と歌いきった。

詩織ちゃんはまだ20歳だそうで、杉さんが「心が洗われる。(自分の)汚れが
全部落ちそう」と言っていた(笑)

メンバーの皆さんは60歳前後(見えないけど)なので、時々こういう
自虐ネタあり(笑)
でも、皆さん演奏も素晴らしいけど、トークも面白くてチャーミング!
若者にはない魅力で溢れていて、とても素敵だった。

ただ、メンバーの一人、村田和人さんがライブの直前で急逝されたのは残念。
演奏を見てみたかった。
アンコールの時に、ステージに村田さんの写真が飾られていて、メンバーが
彼の事を語っていた。
ビートルズの「Nowhere Man」という曲があるけど、「Nowhere」は「Now here」
とも読めるから、村田さんはここにいると。
そうだ、村田さんもビートルズも、あの瞬間にはきっとNow hereだったんだ。

そして、ビートルズの4人をもう見ることはできないけど、歌は歌い継がれていく。
そのことを実感した夜でした。

あ~本当に素晴らしいライブだった。
誘ってくれた知り合いに感謝!

また夜な夜なブルーレイを見てしまいそうだな…。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感