So-net無料ブログ作成
検索選択
お散歩・お出かけ ブログトップ
前の5件 | -

梟書茶房 [お散歩・お出かけ]

エソラ池袋の4Fに6月30日にオープンした「梟書茶房」
ずっと気になっていて、ようやく行くことが出来ました!
fukuro1.jpg

「梟書茶房」は、神楽坂の書店「かもめブックス」の代表、柳下氏と
ドトールコーヒーの菅野氏が、本と珈琲の魅力を伝えるべく作ったお店。

「かもめブックス」は、お気に入りの書店の一つです。
(以前の記事をご参照↓)
http://cscafe-vitz.blog.so-net.ne.jp/2015-03-31

お店に入ると、店員さんに希望の席を聞かれます。
というのも、このお店。
4つのエリアごとに、表情の違う空間が展開されているのです。

①ラウンジ
ふかふかのソファで、ゆったりと珈琲と食事を楽しめる。

②図書エリア
柳下氏がセレクトした約1000冊の書籍を自由に閲覧でき、
ひたすら本に没頭できる。

③アカデミックエリア
学校の図書館をイメージした、一人で本と向き合える。

④森の部屋
優しい木の質感と、テラスからの日差しとグリーンに囲まれて
癒される。

それぞれのエリアは、どれも魅力的。
2名~数名で訪れるなら、ラウンジや森の部屋。
一人で読書に没頭したいなら、まさに図書室のようなアカデミックエリア。
お店を出てから気づいたのですが、図書エリアはものすごく気になります。

そんな中から、今回は④森の部屋にしました。
窓際の席で、自然光が明るく、テラスの緑に癒される空間です。
fukuro3.jpg

せっかくなので、サイフォンで抽出する深煎りコーヒー「梟ブレンド」と
お店の名物らしい「Bookシフォン(プレーン)」をオーダー。

シフォンは、ふわっふわ!
fukuro4.jpg

ドリンクやフードメニューは、思ったより充実してました。
珈琲以外に紅茶やフルーツティー、アルコールもあるし、食事はホットドッグに
パスタやパンケーキ、ケーキ類もありました。

アンティーク風の鍵は、お会計の時にレジに持っていく。
fukuro2.jpg

皆さん、お店の中を散策して、本を手に取っていました。
私は図書館に返さなければいけない本があったので、ひたすら読書に
没頭していたのでした(汗)

でも、本に没頭できるような雰囲気なので、読書好きにはいいですね。
1時間ほどの滞在でしたが、お陰でかなりページが進みました♪

それから、このお店のもう一つの特徴が、お店の外にある
シークレットな本屋さん。
柳下氏が選んだ約2000冊の本が販売されているのですが、オリジナルの
ブックカバーで袋とじされていて、本のタイトルがわからないように
なっているのです。
表紙に書かれている紹介文を読んで、自分でピンときたものを手にとる。
このスリルとワクワク感がたまらないですね!

普段あまり読書をしなくて、どういう本を読んでいいか分からない人も、
本をたくさん読む読書家の人も、どちらにも楽しめそうです。
今回は本を選ぶ時間がなかったので、次回は予期せぬ本との出会いを
体験してみようと思います♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

わが思い出の「としまえん」 [お散歩・お出かけ]

久しぶりに「としまえん」に行ってきました。

西武池袋線に乗り、豊島園駅で下車。
駅に降り立つと、なつかしさがこみあげてきました…!
来たのは、何年ぶりだろう。10年以上は来てないです。

木馬の会という年間フリーパスを家族で持っていたので、
子供の頃はしょっちゅう来てました。
中学生や高校生になってからは友達と、社会人になってからは
デートで来たり。
「としまえん」は、私の思い出の中に欠かせない場所なのです。

駅前には映画館やスタバができていたものの、入口のところは
全然変わってない…!
toshimaen1.jpg

15時からは、夏季限定の「夕涼みチケット15」というのがあり、
入園料と乗り物2回分がセットで1,000円の「2ライド」を購入。
他にも「プール&ライド(入園+プール+のりものフリー) 」で
2,200円や、17時からの夕涼みチケット17などもあるようです。
※大人料金です。

toshimaen2.jpg

入場ゲートを入ると、いきなりピカチュウが出現!
これは昔はなかったですね(笑)
今の子供たちの心を掴もうっていう狙いですね。
やるな、としまえん!
toshimaen3.jpg

中を進んでいくと、左手に見覚えのある乗り物が!
その名も、フライングカーペット!(この写真、わかりずらい…)
toshimaen4.jpg

なつかしーーーーーー!
昔のままの姿ですよっ!
これ、高さはあまりないのですが、スピードがあるのと
乗り物が動くときの音が恐怖をそそるんです(苦笑)

私は絶叫マシンが大の苦手なのですが、中学生ぐらいの時って
友達の誘いを断れなくて、無理に乗った記憶があります(汗)
「としまえん」の乗り物は、ほとんど乗りましたね。

その向こう側には、カルーセルエルドラドというメリーゴーランド。
これも昔のまま!
そして、その奥にあるのが。。。。。

ミステリーゾーン
toshimaen6.jpg

まだあったのかーーーーー!
これも当時といっさい変わってません!

二人乗りの乗り物で進んでいくお化け屋敷なのですが、子供の頃は
怖くて怖くて…!
目をつぶっても、音が怖いっていう(汗)
入口の所にある骸骨とかも、恐怖をそそられましたよ。

園内をぐるっと回ってみると、驚いた事に昔乗っていた乗り物が
ほとんど今も残っていたのです!
新しい乗り物や子供向けの乗り物も増えていましたけど。

でも、何十年もたつのに、まだあの頃のスタイルで勝負してるなんて、
信じられないーーーー!
懐かしさが一気にこみあげてきて、泣きそうになりました。

としまえん、えらいっ!

ただ、アフリカ館が残ってないのが残念なところ。
一番お気に入りの乗り物だったのです。

アフリカ館は、ジープ風の6人乗りの乗り物で、アフリカを旅する
という設定の屋内型アトラクション。
アフリカというと、動物がたくさんいて、雄大なサバンナの景色
をイメージされるかもしれませんが、アフリカ館はそれだけじゃ
ありません。

厳しい砂漠で生活している民の風景なんかも出てきて、人々(人形)の
シビアな顔の表情と、ヒューヒューという砂漠に吹き荒れる風の音が
なんとも物悲しく、今でも心に残っています。

もちろん、動物たちもたくさん出てきます。
ただ、ディズニ ーランドのようなメルヘンな感じじゃなくて、
よりリアルな姿を追求していたように記憶してます。

ジープの上を豹が横切ったり、獲物を食べるライオンの姿。
クライマックスは、象が木に突進して、その木がジープに
当たりそうになり、「キャー!」っていう落ち(笑)

ハラハラした後は、出口で笑顔のCAさん(人形)が手を振って
お見送りしてくれるので、ホッとするっていう。

内容分かってるのに、何回も連続で乗ってましたね。あの頃。
子供心にちょっと怖い感じはあったのですが、不思議と好きでした。
あーーーまた乗りたくなってきた。
是非復活して欲しいなあ。。。。

そんな話を友達にしながら、2ライドチケットで2つの乗り物に乗りました。
1つ目は、回転木馬「カルーセルエルドラド」
toshimaen5.jpg

今年で、なんと生誕110周年だそうです。
1907年、ドイツのミュンヘンで名工といわれたヒューゴー・ハッセの手に
よって造られた歴史的な回転木馬。
ヨーロッパ各地をめぐった後、アメリカのコニーアイランドにある遊園地へ渡り、
1971年「としまえん」にやってきました。
100年以上の歴史を超えて、夢とロマンを語り継ぐ伝説の回転木馬なのです。
2010年、日本機械学会により『機械遺産』に認定されたそうです

よく見ると、デザインがホントに素敵なんです!
クラシカルで格調高いというか。
子供の頃はそんなことに気づかずに、普通に乗ってましたが
今見ると、一つ一つのデザインが凝っていて、まるで
「ベルサイユのばら」のような世界ですよ(私のイメージです)
今でも残ってるなんて、ホントに貴重です。
toshimaen8.jpg

いろいろなデザインの馬車や馬(豚さんも)があるので、
童心に戻って、ついどれがいいか選んだりして(笑)
動くと、意外とスピードが速いんですよね。
真ん中に行くほど速いので、子供の頃はそこを陣取ってた
記憶があります(笑)
toshimaen7.jpg

あーーーもっと写真をいっぱい撮ったように思ってたのですが、
あまり撮ってなかった。。。。
懐かしさに浸りすぎて、撮り忘れてしまったようです(苦笑)

2つ目の乗り物は、模型列車。
ちゃんと煙が出て、本格的です。
木々の中を進むので、気持ちいい~。
紫陽花の時期は、きれいみたいですよ。
運転手さんが、近隣の乗り物を紹介してくれたりもします。

本当は昆虫館にも行きたかったのですが、友達があまり
乗り気じゃなさそうだったので、今回は断念(苦笑)
父と弟が昆虫好きだったので、かなりの頻度で行ってました。

珍しい蝶や虫たち。
見たくない虫もいますが(苦笑)。
でも、子供の頃にいろんな虫を見たことによって、山やキャンプに
行った時に「昆虫館で見た虫だ!」と思ったことが何度もあります。
それだけ、頭に残っていたのでしょうね。
子供の頃のそういう経験、大事だと思うなあ。

それから、この時期の「としまえん」といえば、何と言ってもプール!
毎年夏休みに、何度も来てました 。
たしか、当時は7種類ぐらいのプールがあったような。

あの巨大なロッカールーム。
人でぎっしりだった流れるプール。
夏の日差しと水しぶき、そして焼きそば。
楽しかった思い出が、どんどん甦ってきました(涙)

プールの後は、夕方の涼しくなった頃に乗り物で遊ぶのが定番。
週末には花火もあるし、一日中遊べちゃうんですよね。

「としまえん」が、ほぼ昔のままの姿で残っていてくれたことで、
束の間タイムスリップした気分。
予想以上に盛り上がりました。
初めて来た友達も「懐かしい雰囲気がいいね。また来たい!」と
気に入ってくれましたし。

としまえん。
これからも、変わらぬ姿で頑張ってほしいです!

詳しい情報はコチラを どうぞ↓
http://www.toshimaen.co.jp/
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

念願のパーラー江古田! [お散歩・お出かけ]

江古田にあるパン屋さん「パーラー江古田」

メディアにも多く登場する人気店で、私もずーっと行ってみたいと
思っていたのです。
考えてみると、そんなに遠くないし、行こうと思えばすぐに行ける
場所なんですけどね。

江古田近辺に住んでいる友達と話している時に、「パーラー江古田」の
話が出て、「気になってたけど、まだ行ってない」ってことだったので。
念願叶って、ようやく行くことができました♪

西武池袋線の江古田駅。
ずいぶん昔に一度だけ降りたことがありますが、ほぼ記憶なし(苦笑)
駅前にはいい感じの商店街があり、そこを抜けて住宅街の方に行った
ところに佇む一軒屋。
入口のところに待っている人がいて、ようやく「パーラー江古田」だ
ということに気づきました。

一見、お店とは気づかないような佇まい。
ekoda2.jpg

入口を入ってすぐの所がパンの販売コーナーで、その奥が
カフェスペースになっています。
まだ11時を少し過ぎたばかりなのに、すでに待ち状態。
人気店だとは聞いてたけど、ここまでとは!
販売コーナーはあまり広くないので、混んでると外でお客さんが
待つみたいです。

私たちはカフェでランチをするため、しばし待って、ようやく席に
案内されました。
その間も、パンを購入するお客さんがひっきりなしに来店。
住宅街にあるにもかかわらず、すごいですね。

カフェスペースはテーブル席とカウンター席、そしてスタンディングの
スペースもありました。
私はカウンター席で、焼き野菜のサンドイッチランチを頂きました。
パンは選ぶことができるのですが、種類が多くて迷ってしまう(苦笑)
お店の人に聞いて、カンパーニュにしました。
野菜の甘みとパンのほんのりした酸味が絶妙!
ekoda1.jpg

他のお客さんが注文しているパンも美味しそうなものばかりで、
食べてみたい!
また絶対来ようと思います。

江古田の街も、ほのぼのしていて散策するのによさそう。
もう少し涼しくなったら、江古田散策を実現します♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

土手通り [お散歩・お出かけ]

久しぶりに都電で三ノ輪まで行きました。

都電の三ノ輪橋そばにあるジョイフル三ノ輪は、昭和の香りが
漂う古きよき商店街。
minowa1.jpg

商店街にある、パンのオオムラさん。
三ノ輪に来ると、いつも買ってしまいます。
この看板にも胸キュン♪
minowa2.jpg

三ノ輪からは、土手通りを歩いて浅草へ。
土手通りというからには、昔は土手だったのでしょうか。
よく見ると、通りが少し高くなっています。
こんな時、タモリさんだったら、いろいろ教えてくれそう(笑)

そういえば、この辺りの地名は日本堤。
広重様の名所江戸百景に「よし原日本堤」という作品があります。
minowa5.jpg

確かに、堤があったのですね。
通りが高くなっている地形も、当時の名残という気がしました。

それと、小さくて見づらいですが、右に柳が描かれています。
それが、こちらの「見返り柳」
minowa4.jpg

旧吉原遊郭の名所のひとつで、遊び帰りの客が後ろ髪を引かれる
思いを抱きつつ、この柳のあたりで遊郭を振り返ったという
ことから名付けられたそう。
かつて山谷掘脇の土手にあったものがこの場所に移され、数代に
わたり植え替えられているそうです。

近くには吉原大門があった場所もありますが、今は当時の面影は
なく、この見返り柳がそっと伝えてくれているように感じました。

何も知らなければただの道なのに、広重様の浮世絵や見返り柳が
あることで、昔の気配を感じることができるって、なんだか
とっても不思議ですよね~。

そうそう、近くの商店街には「あしたのジョー」が!
minowa3.jpg

拡大すると。。。
minowa.jpg

ジョーが「よお!あんたを待ってたぜ」と言ってくれてます!
ゆかりの場所なんでしょうか。

土手通りって、奥深い!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シェイクシャックに行きました [お散歩・お出かけ]

先日、職場の同僚達に誘われて行ってきました。

恵比寿のシェイクシャック。

あれはいつだったか。
ちょうどオープン初日に偶然お店の前を通ったら、すごい行列
ができていました。
友人に「あの店、なに?」と聞くと、NYのハンバーガー屋さん
だと教えてくれたのでした。

ハンバーガー屋さんかあ。
私にはご縁のないお店だなあ。

あ、ハンバーガーは嫌いではないのですが、わざわざ食べに
出かけるほどでもないし、NYのお店っていうと、とてつもなく
ボリュームがあるイメージだったので、無理かなと。

けれど、ご縁があったみたいで。
「シェイクシャック行かない?」と、誘われてしまったのでした。

その前にも、行列のできるパンケーキ屋さんに誘われたので、
やんわり断ったばかり。
実は、パンケーキやフレンチトーストなど、女子が好きそうな
ものにはあまり興味がないのです(汗)
生クリームがこってり。。。なんて、絶対ムリ。
どら焼きやお団子だったら、「喜んで!」なのですけど。

けれど、同僚たちと職場を離れた場所でお話したりするのは
楽しいので、今回は覚悟を決めて行ってきました!(大袈裟?)

ハンバーガーを食べるなんて、10年ぶりぐらい。
NYのお店ってことは、やはりボリューミーなのだろうか。。。
前日からドキドキしてました。
あ、私、レアなお肉ってのも苦手でして(汗)
時々 、ハンバーグの焼き加減がレアなお店がありますが、
あれもダメなんです。
お肉はしっかり焼くのが鉄則です…!

いざお店に行ってみると、金曜の夜ってことで、すでに
席は埋まってました。
それほど広くないんですね。
行列にはなってなかったので、ひとまずオーダーすることに。

オーダーの仕方がまた、よくわからなくて(汗)
店員さんに聞きながら、定番のShackBurgerってのを頼みました。
焼き方の定番はミディアムレアらしいのですが、注文時に言えば
ウェルダン(ウェル?とか言ってような)に変更可能。
ドリンクは、アイスティーの氷抜きを頼みました。

席も割と早く確保できて、意外とスムーズ。
そして、肝心のハンバーガーはというと。。。

これが、思ったよりボリューミーじゃなかったんです!ほら!
ShakeShack.jpg

これはシングル。
物足りない方は、ダブルってのもあるらしいですよ。

ボリューミーな肉料理が苦手。
レアなお肉が苦手。
冷たい飲み物が苦手。

こんな私には、全く合わないお店だと思っていたのですが、
意外と大丈夫でした。
って、だったら行くなよって感じですよね、そもそも(苦笑)

あまりゆっくりするという雰囲気ではないので、サクッと食べて
他でお茶するってパターンがよさそうです。
私たちは、ずっとここで過ごしちゃいましたけど(苦笑)

普段だったら行かない場所ですが、世界が広がる感じがして、
たまにはいいですね。
これからもチャンスがあったら、未知の世界にチャレンジして
いこうと思います!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - お散歩・お出かけ ブログトップ