So-net無料ブログ作成

中国地方の旅⑤<萩> [旅行]

旅の最後は萩へ。

萩を訪れるのは10年ぶり。
前回は萩から温泉津に行ったので、今回は逆コース。
近いと思ってたら、山口県に入るまで結構距離がありました。
島根って、横に広いんですね。

お昼頃、萩に到着。
萩も結構広くて、おおまかに分けると、萩城エリア、武家屋敷エリア、
松下村塾エリアがあります。
今回は時間の関係で、萩城と武家屋敷を散策することにしました。

萩博物館の駐車場に車を停めて、まずは武家屋敷から。
この日は気温が38度という、かなりの暑さ!
そのせいか、以前訪れた時は観光客が多かったのに、人がまばらでした。

がらーん。。。。
hagi4.jpg

時おり、幕末好きと思われる女子たちが歩いてました。
彼女たちが向かう先は…。

このお方の生家。さて、誰でしょう?
hagi1.jpg

hagi2.jpg
はい、高杉晋作です。
女子たちに人気あるんですね。

hagi3.jpg

こちらは桂小五郎(木戸孝允)のお家。
hagi6.jpg

hagi8.jpg

達筆です…!
hagi7.jpg

萩の町は好きです。
もっと涼しい時期に来たいなあって思います(こればっか)
hagi5.jpg

暑さを逃れて休憩した、昔ながらの喫茶店。いい感じ♪
hagi9.jpg

城下町を後にし、次は萩城へ。
大河ドラマ「花燃ゆ」を見たせいか、前回よりも感慨深いです。
お城といっても建物はないので、城跡ですが。
「花燃ゆ」では、文が毛利家につかえた時に登場しましたね。

hagi10.jpg

萩城は、関ケ原の合戦で敗れた毛利輝元が防長二州・三十六万石の
居城として、慶長9年に築城を開始しました。
標高143mの指月山の山麓に本丸が築かれたことから、指月城とも
呼ばれます。
明治7年に解体されるまで270年間、毛利氏13代にわたり威容を誇ったのです。

hagi11.jpg

hagi12.jpg

萩の町は、他にも見どころがたくさん!
前回は2日ぐらいでまわりました。
今回は半日しかなかったので、またゆっくり来たいです。

萩城を後にし、この日のお宿「萩小町」へ。
お部屋の窓を見ると、海が目の前という抜群のロケーション!
hagi13.jpg

夕食は海の幸を満喫!
hagi14.jpg

とても素敵な宿でした。
「夕景の宿 海のゆりかご 萩小町」
http://www.hagi-komachi.jp/

中国地方の旅は、無事に終わりました。
本当は最終日に秋 吉台に寄る予定だったのですが、台風の接近により
急きょ取りやめました。
前回も雨だったので、リベンジだったのですが。。。。
次回に持ち越しです。

帰りの新幹線の車窓から。台風が接近中でした。
hagi15.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

祝!漱石山房記念館 [夏目漱石]

ついに、昨日9月24日に漱石山房記念館がオープンしましたね!

三年前に初めて漱石公園を訪れた際には、あまりにも寂しい
感じがして、愕然としましたが(苦笑)
ようやく、この日を迎えました!

三年前の記事はコチラ↓
http://cscafe-vitz.blog.so-net.ne.jp/2014-03-06

本来月曜日は休館日ですが、今日は特別に開館しているというので、
早速行ってみました。
場所は、漱石公園と同じところ。
漱石山房の跡地です。

以前の写真と比べると一目瞭然。立派になりました~!
sosekisanbo1.jpg

中はガラス張りで明るいです。
sosekisanbo2.jpg

導入展示ブースを抜けると展示室になります。
観覧料は、一般300円、小中学生は100円。

展示室の手前で、松山の観光PRでパンフレットが配布されました。
松山というと、子規の故郷。
漱石先生も教師として赴任中に子規と暮らした、縁のある場所。
以前訪れた時には松山城と道後温泉にしか行けなかったので、今度は
漱石先生と子規、ついでに秋山兄弟の聖地巡りをしたいと思います♪

さて、最初の展示は、漱石山房再現展示室。
sosekisanbo6.jpg

そこに漱石先生が座っていた…そんな妄想をすると、感動もひとしお。
ここで、たくさんの名作が生まれたのですね!
時おり、窓の外を見ながらボーっとしたりも…してたんでしょうかね。
sosekisanbo8.jpg

火鉢もありますね。
こういう雰囲気に憧れて、実際に生活しちゃった人もいますよね(宮本先生)
sosekisanbo7.jpg

たくさんの本に囲まれている…というか、本が積んでる感じが
いかにも漱石先生っぽく、いいなあと思います。
ちゃんと本棚にしまってあるんじゃなくて、こういう風に積んである
っていうのがいいです。好きです!

2階に上がると、直筆原稿や先生が送った手紙、先生宛の手紙、そして
先生愛用の長襦袢が展示されてました。
思ったより、少ないかな。
まあ、これから小出しにしていくんでしょうかね?
きっと企画展なんかもやるでしょうしね。

漱石先生の原稿や手紙などは、いろんな展覧会で見ているので、
慣れてしまっている自分がいるのかもしれません。

先生が書いた原稿…!
先生の字…!
先生が着ていた長襦袢…!

よく考えたら、すごいものを見ているんですよね。
時々訪れて、認識しようと思います。

展示を見た後は、入口にあるブックカフェ「CAFE SOSEKI」でお茶しました。
漱石先生好きだったという、空也最中とお茶のセットやケーキセットなども
あるようですが、今日はあいにく入荷がないとのこと。残念…。
明日からは、入荷するようですよ。

代わりに勧められた、メレンゲのお菓子とほうじ茶を頂きました。
カフェの店員さん曰く、昨日は初日だったのでかなり混雑していたそうです。
今日は空いてたので、よかった♪
sosekisanbo11.jpg

カフェにはお菓子のほかに、ブックカバーやしおりなどのお土産や漱石先生に
関連する本なども販売してます。

こちらは、隣接する漱石公園。
先生の像は以前のまま。
sosekisanbo5.jpg

道草庵も健在。
確か、中でビデオを流してくれたような。
sosekisanbo4.jpg

猫塚も残ってます。
sosekisanbo12.jpg

そういえば展示室に、漱石先生語録が並んでるブースがあったのですが、
やっぱり先生の言葉って心に響くんですよね。
作品ごとに、ああ、この言葉よかったよな~と思い出したりして。
なんだか久しぶりに先生の作品を読みたくなりました。
何を読もうかな~。

漱石山房記念館の詳細はコチラ↓
http://soseki-museum.jp/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おもてなし [日々の出来事]

友達の結婚式に行ってきました。
新郎新婦のおもてなしがたくさん詰まった、素敵な式でした。
wedding2017_2.jpg

結婚式って、その人のいろいろな面を知ることができますね。

彼女とは、知り合ってからまだ3年ほど。
そして、私が知っているのは、職場での彼女。
私の知らない子供の頃、学生時代、社会人になってからの彼女の
人柄が、さまざまな人たちから語られました。

共通しているのは、周りの人をとても大切に考える、
思いやりのある人だということ。

女子力があって、思いやりのある彼女だからこそ、素敵な旦那様と
出会い、幸せになることができたんだなと思いました。

こんなに幸せな場に招待してもらったことに、ただただ感謝です。

式が終わった後「次はヴィッツさんの番だよ」と言って、ブーケを
頂きました。

ありがとう!
私も彼女を見習って、周りの人を大切にする人になりますね。

wedding2017_1.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国地方の旅④<温泉津> [旅行]

出雲を後にし、二日目の目的地である温泉津へ。
私のブログには度々登場しますが、簡単にご紹介。
yunotsu16.jpg

温泉津(ゆのつ)は、中世には石見銀山の積み出し港として賑わった港町。
港からすぐのところにある温泉街は、江戸末期から昭和初期に建てられた
古い建物が点在していて、ノスタルジックな雰囲気が漂っています。
yunotsu6.jpg

yunotsu10.jpg

平成16年(2004)に国の伝統的建造物群保存地区に選定、平成19年(2007)には
世界文化遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の一部として登録されました。
yunotsu15.jpg

温泉は旅の僧が、湯に浸かって傷を治している狸を見つけたとか、
縁結びの神様大国主命が病気のウサギをお湯に入れて救ったことから
始まったともいわれています。
発見されてから、なんと約1300年の歴史ある温泉。

温泉街には、外湯が「元湯泉薬湯」と「薬師湯」の2箇所あり、
両方とも源泉に一切手を加えない、生の温泉。
これぞ、正しい温泉!という感じがします。
どちらもお湯の温度は結構熱め。
しかし、地元の人は平気で入っています。

こちらは元湯。
発見されてから1300年の歴史を持つ元湯は、温泉津に永らく湯治場
としての評判をつくってきた由緒ある温泉。
yunotsu1.jpg

こちらは薬師湯。
島根で唯一、全国に僅か12箇所しかない最高評価の「オール5」で
認定されたそう。
レトロな施設と屋上ガーデンテラスもあり、お風呂上りに
コーヒー(無料)を飲みながらくつろげます。
yunotsu2.jpg

こちらは 、祖父の代からお世話になっている旅館「輝雲荘」
yunotsu8.jpg

夕食に出る鯛の姿焼きが名物。港町なので新鮮な海の幸を味わえます。
yunotsu4.jpg

「輝雲荘」
http://kiunsoh.com/kankou.html

小さな港町のわりに、社寺が多いのも特徴。
yunotsu9.jpg

いつ行っても変わらずそこにある、というのが私が抱く温泉津の
イメージなのですが、昔からあるお店は確実に減ってます。。。

沢陶器店も、その一つ。
以前はお上品なおばあちゃまがお店を切り盛りしていて、
我が家は祖母の代から、こちらで温泉津焼きを購入してました。
現在は東京に住む娘さんがたまに来てお店を開けていますが、
在庫がなくなったら店じまいだそうです。
寂しい。。。。

以前のお店。
shimane24.jpg

現在。
yunotsu19.jpg

こちらは、平野花月堂。
ここのおせんべい、祖母が大好きでしたが、現在は販売していないようで。
残念です。。。。
yunotsu5.jpg

温泉街にほど近い「やきものの里」では、温泉津焼きを体験できたり、
3軒の窯元をめぐることが出来ます。
毎年春と秋の2回開催される「やきもの祭」では、稼働する中では
日本最大級と言われる登り窯に火が入ります。
yunotsu17.jpg

また、櫛島ではキャンプや海水浴を楽しむことができます。
yunotsu12.jpg

yunotsu13.jpg

ホントに水がキレイ!
子供の頃に、家族でよく海水浴をしました。
yunotsu14.jpg

最後に。
訪れた日はちょうど夏祭りがあり、去年もそうだったので二年連続!
お祭り最大の目玉である花火を堪能しました。
普段は静かな港町ですが、どこからこんなに人が!?というぐらい
多くの人が集まりました。
yunotsu7.jpg

この花火、結構近くで上がるので迫力 あるんですよ~!
yunotsu18.jpg

生まれも育ちも東京ですが、祖父母ゆかりのこの地は、私にとっても
故郷のような懐かしさを感じる、大切な場所なのです。
yunotsu3.jpg

温泉津温泉旅館組合
http://yunotsu-onsen.com/

温泉津観光案内
http://www2.crosstalk.or.jp/yunotsu/



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神がかっている…! [エレファントカシマシ]

確かに、今年のエレカシの勢いは想像を超えちゃってます。
インフォメーションがUPされるたびに、いちいち驚いちゃうし。

新曲が出るスピードもハンパないっす。
7月に「風と共に」がリリースされたばかりなのに、BSプレミアムで
放送中のドラマ「全力失踪」の主題歌「今を歌え」、さらには
フジテレビ27時間テレビ内で放送されたドラマの主題歌「RESTART」。
どちらもまだリリースされてはいないですが、怒涛の新曲発表。
でもって、どれもいい曲ときてる!

なんだか、まるで…。
まるで、神がかっている…!

さらに来週の野音では、Mステの生中継も入るとか。

ああーーーーーー見たかったなあ!
野音、今回は外れてしまいました(涙)
この神がかった今のエレカシを、野音を見たかったーーー!(泣)

仕方がないことだと分かっているのに、残念すぎて凹む日々。
野音に行けないって、こんなにもショックなんだ。。。。

でも考えてみると。
今までずっと行くことができたのが、ラッキーだったんですよねえ。
野音は、ファンにとっても特別な場所。
みんな行きたいと思う気持ちは同じですもんね。
きっと、毎年日本のどこかで、喜んだり落ち込んだりしている人が
いるんだろうなあ。

私ってば、今まで思いっきり浮かれた感想文書いてたな(汗)
猛烈に反省。。。
辛いけど、身を持って体験できたことはよかったのかもしれないです。

まあ、暫くはクヨクヨすると思いますが(そう簡単には、ねえ)
週末は友達の結婚式もあり、ハッピーな3連休になる予定なので。

私もRESTART!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感