So-net無料ブログ作成

中国地方の旅②<備中高梁> [旅行]

備中松山城のお膝元である高梁(たかはし)を少しご紹介。
武家屋敷や昔の面影が残る、風情のある町で、
備中松山城と合わせて散策するのがおススメです。
私が訪れた時はとにかく暑かったので、あまりゆっくり
散策できませんでしたが…(汗)

高梁川近くの観光駐車場に車を停めた所、隣接したお蕎麦屋さんか
うどん屋さんで食事をすると、駐車料金が割引になると言われたので、
方谷庵というお蕎麦屋さんでランチしました。
あいにく、ざる蕎麦以外のメニューは終わってしまっていて、
選択肢がなかったのは残念でしたが、お蕎麦は美味しかったです。
chugoku18.jpg

ランチマップなるものがあるぐらいなので、
町を歩けば、飲食店は結構ありそうですよ。
chugoku17.jpg

ランチ後、頼久寺のお庭が素敵ということで、立ち寄ってみました。
頼久寺の庭園は、小堀遠州が作ったそうです。
小堀遠州といえば、茶道、建築、造庭の巨匠であり、備中松山城を
再建した人物でもあります。
chugoku19.jpg

chugoku20.jpg

こじんまりしてますが、確かに素敵なお庭。
もう少し涼しい時期に来たかった…。
chugoku21.jpg

chugoku22.jpg

chugoku23.jpg

武家屋敷にも行ったのですが、写真を撮り忘れました…(汗)
http://www.city.takahashi.okayama.jp/soshiki/9/bukeyashiki4240131.html

ここで、見覚えのある外国人に遭遇!
備中松山城に行く途中、ふいご峠駐車場に向かうシャトルバスの
中から、徒歩で登っているその人の姿を見かけたのです。

後ろの座席に座っていた人が、
「あの人、バック・トゥ・ザ・フューチャーに出てる人みたい」と
言ってて、「まさに!」と思いました。
ドクにそっくりだったんです(笑)

そのドク、炎天下の中を徒歩で備中松山城に登り、武家屋敷まで
めぐっているとは!
日本人でもこの場所は知らない人が多いと思うので、よほど
好きなのですね~。

分かりづらいけど、左がドクです↓


武家屋敷を後にし、喫茶店で涼むことに。
カフェ・レスト・シャトーという喫茶店に入りました。
中に入ると、お客さんがたくさんいて大盛況。
ジモティーが多いようです。

ランチもやっていて、食事メニューも充実してましたが、
スイーツもリーズナブルなお値段でいい感じ。

そして、何と言ってもここの看板メニューはバケツパフェ!
ちょうどオーダーしていた女子高生たちがいたので、実物を
見ることができたのですが、本当に大きい!
今風にいうなら、インスタ映えしそうです ね(笑)
数人でワイワイいいながら食べるのも楽しそう。
写真はコチラをご参照↓
https://loco.yahoo.co.jp/place/g-ttIy7FYX7BM/?utm_source=dd_spot&sc_e=sydd_spot_ttl

私たちがお茶しながら涼んでいると、またしてもドクに遭遇!
なんと三度目です(笑)
大きい町ではないので、遭遇率は高いのかもしれませんが、
それにしても、ご縁がありましたね(笑)

今回は行けなかったのですが、高梁市の図書館も興味深いです。
スタバが併設されていて、なかなかオシャレな空間。
正直、あの町にこんなオシャレな図書館があったとは(失礼!)
HPをよく見ると、蔦谷書店という文字が。
そうか、ここは以前何かと話題になったツタヤ図書館なのですね。
https://takahashi.city-library.jp/library/

何度も言いますが、涼しい季節にゆっくり散策したい町だと
思いました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国地方の旅①<備中松山城> [旅行]

岡山、鳥取、島根、山口を旅してきました。

初日は、憧れの備中松山城へ!
現存12天守を全て制覇するのが夢なのですが、備中松山城は一番最後に
なりそうだなと思ってました。
というのも、現存12天守の中で唯一の山城で、標高430メートルの臥牛山
に築かれているため、行くのが結構大変だと聞いたからです。

ちなみに、愛媛にある松山城とは違います(苦笑)
あちらも現存12天守ですが、備中松山城は岡山県にあります。

私は岡山駅からレンタカーだったので、岡山道の賀陽ICで降りて国道を
経由し、城見橋公園駐車場まで行きました。
1時間もかからなかったでしょうか。

電車だとJR伯備線の「備中高梁駅」で下車。
そこから徒歩だと結構時間がかかるようなので、路線バスかタクシーで
城見橋公園駐車場に行くのが便利みたいです。

城見橋公園駐車場からふいご峠駐車場までは車両乗り入れが規制されて
いるので、シャトルバスに乗り5分ほどで到着。
そこから天守まで、20~30分ぐらい徒歩で登ります。
chugoku1.jpg

東京の曇天が嘘みたいに、いいお天気で暑かったので、天守までの
道のりは少々しんどかったです。
春や秋なら、気持ちいいんだろうなあ。
とはいえ、さすがに山なので、風が吹くと心地いい。

途中には、こんな看板も。
chugoku2.jpg

汗をかきながら登っていくと、石垣が出現!
chugoku3.jpg

chugoku4.jpg

大手門付近の石垣群は圧巻です!
天然の岩盤の上に石垣を築き、さらに土塀を建てるという、
天然と人工のコラボレーション。
chugoku5.jpg

三の平櫓東土塀は、全国的にも希少な現存土塀。
chugoku9.jpg

そして、これが天守…!
chugoku7.jpg

二層二階の典型的な山城ですが、三層に見えるようにデザインされている。
chugoku8.jpg

内部には、篭城戦に備えて囲炉裏や装束の間があります。
chugoku10.jpg

chugoku11.jpg

ちなみに、備中松山城は昨年の大河ドラマ「真田丸」のオープニング映像に
使用されていたそうです。
真田とは関係ないですが、このお城の雰囲気がイメージに合うとのことで、
起用されたとか。

例えばこの土塀。言われてみると、見覚えがありますね!
chugoku12.jpg

chugoku13.jpg

詳しくはコチラをどうぞ↓
http://www.city.takahashi.okayama.jp/site/bichu-matsuyama/bitchumatsuyama-sanadamaru-op.html

カーブを描く土塀。
chugoku15.jpg

こちらは二重櫓。
chugoku14.jpg

chugoku16.jpg

天守、二重櫓、土塀は国宝に指定されています。

備中松山城は、延応2年(1240)に秋庭三郎重信が臥牛山に築城したのが
始まりとされています。
その後も時代の流れによって城主や姿を変え、明治時代になると廃城令により、
ついに廃城になってしまいました。
しかし、破却済みという虚偽の報告が鵜呑みにされて、そのまま残ることになり、
太平洋戦争の空襲も免れて、奇跡的に生き延びたのです。

まさに、奇跡のお城。
季節によっては雲海に浮かぶ、神秘的な天守の姿を見ることが出来ます。
見てみたい~!
詳しくは、コチラ↓
http://www.city.takahashi.okayama.jp/site/bichu-matsuyama/unkaitenboudai.html

備中松山城。予想以上に見ごたえがありました。
さて、現存12天守を制覇するという目標は、これで10か所目をクリア!
残るは、犬山城と丸岡城です。
ここ1、2年の間には行けるかな。

中国地方の旅は、まだまだ続く。
chugoku6.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梟書茶房 [お散歩・お出かけ]

エソラ池袋の4Fに6月30日にオープンした「梟書茶房」
ずっと気になっていて、ようやく行くことが出来ました!
fukuro1.jpg

「梟書茶房」は、神楽坂の書店「かもめブックス」の代表、柳下氏と
ドトールコーヒーの菅野氏が、本と珈琲の魅力を伝えるべく作ったお店。

「かもめブックス」は、お気に入りの書店の一つです。
(以前の記事をご参照↓)
http://cscafe-vitz.blog.so-net.ne.jp/2015-03-31

お店に入ると、店員さんに希望の席を聞かれます。
というのも、このお店。
4つのエリアごとに、表情の違う空間が展開されているのです。

①ラウンジ
ふかふかのソファで、ゆったりと珈琲と食事を楽しめる。

②図書エリア
柳下氏がセレクトした約1000冊の書籍を自由に閲覧でき、
ひたすら本に没頭できる。

③アカデミックエリア
学校の図書館をイメージした、一人で本と向き合える。

④森の部屋
優しい木の質感と、テラスからの日差しとグリーンに囲まれて
癒される。

それぞれのエリアは、どれも魅力的。
2名~数名で訪れるなら、ラウンジや森の部屋。
一人で読書に没頭したいなら、まさに図書室のようなアカデミックエリア。
お店を出てから気づいたのですが、図書エリアはものすごく気になります。

そんな中から、今回は④森の部屋にしました。
窓際の席で、自然光が明るく、テラスの緑に癒される空間です。
fukuro3.jpg

せっかくなので、サイフォンで抽出する深煎りコーヒー「梟ブレンド」と
お店の名物らしい「Bookシフォン(プレーン)」をオーダー。

シフォンは、ふわっふわ!
fukuro4.jpg

ドリンクやフードメニューは、思ったより充実してました。
珈琲以外に紅茶やフルーツティー、アルコールもあるし、食事はホットドッグに
パスタやパンケーキ、ケーキ類もありました。

アンティーク風の鍵は、お会計の時にレジに持っていく。
fukuro2.jpg

皆さん、お店の中を散策して、本を手に取っていました。
私は図書館に返さなければいけない本があったので、ひたすら読書に
没頭していたのでした(汗)

でも、本に没頭できるような雰囲気なので、読書好きにはいいですね。
1時間ほどの滞在でしたが、お陰でかなりページが進みました♪

それから、このお店のもう一つの特徴が、お店の外にある
シークレットな本屋さん。
柳下氏が選んだ約2000冊の本が販売されているのですが、オリジナルの
ブックカバーで袋とじされていて、本のタイトルがわからないように
なっているのです。
表紙に書かれている紹介文を読んで、自分でピンときたものを手にとる。
このスリルとワクワク感がたまらないですね!

普段あまり読書をしなくて、どういう本を読んでいいか分からない人も、
本をたくさん読む読書家の人も、どちらにも楽しめそうです。
今回は本を選ぶ時間がなかったので、次回は予期せぬ本との出会いを
体験してみようと思います♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

写経は一日にして成らず [お気に入り]

一回目は想像と違うこともあって、打ちのめされましたが
懲りずに再び写経に挑戦しました。

今回は必要最低限のお道具を揃えて臨みました。
驚いたことに、書道の道具って結構お高いんですよね。
「写経用」と書かれた筆でも、1本2,000円以上するものもあるし、
硯や墨も結構いいお値段!
いいものを揃えようとすると、1万円ぐらいかかってしまうので、
世界堂で見つけた「写経セット」なるものを購入しました。
小筆、筆ペン、硯、墨などが入っていて、3,000円台とお手頃価格。
初心者には十分です。

写経会で他の方のお道具を拝見すると、お手本を入れるファイルや
写経した後の紙を入れる包状の入れ物、硯を入れ る箱、お道具入れ等、
皆さんいろいろ揃えてらっしゃる!

勉強になりますわ~。
次回までに揃えようっと。

さて、写経の方はというと。
二回目なので、流れはだいたい把握。
本堂でお経をあげてもらってお焼香⇒戻ってきて写経⇒住職のお話
かなりおおざっぱですけど、こういう感じです。

本堂でお経を唱える時、前回より心を落ち着けて厳かな気持ちに
なりました。
やっぱりお寺っていいですよねえ。

席に戻ってからは、前回の教訓を活かしてすぐに墨摺り開始です。
ここが、天下分け目の関ヶ原!

しかし、水を入れすぎてしまい、早速出ばなをくじかれる…。
写経用の小ぶりな硯を購入したので、墨を摺るとあふれそうに
なってしまったのです(汗)
墨の濃さはちょうどよかったのですが、なにしろ水の量が多いので
筆につけると水分をたくさん含んで、字が滲んでしまう!

ふと前に座っている人を見ると、小さ目に切った半紙に筆の水分を
吸わせて調整してました。
ナイスアイデア!真似しよ~。
盗み見って大事ですよね(笑)

前回は墨が薄かったので、アラが目立たなくて済んだのですが、
今回は水分多くて滲んでるところと、そうじゃないところが
如実に表れてしまっている。
おまけに、筆を下ろしすぎたみたいで、字が太くなってしまうし…。

一か所、墨のつけすぎで字が思いっきり滲んでいて、もはや判読
できないものもありで、あーーーやり直したい!
でも、そんな時間は当然なしで(汗)

終了時刻が相変わらず分からないため、焦って書いたら
結局30分ぐらい時間が余ってしまい、そんなことならもっと
ゆっくり丁寧に書けばよかったと後悔したのでした。
今回写経したものを改めて見ると、汚すぎて泣きたくなります。

まだまだですね。。。。
こうやってジタバタしていること自体、煩悩だらけの証。
墨をつけすぎても、字が滲んでも、それが今の自分だと受け入れて、
丁寧に取り組むことにします。

写経、思った以上に奥深い。
shakyo.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感