So-net無料ブログ作成
検索選択

梟書茶房 [お散歩・お出かけ]

エソラ池袋の4Fに6月30日にオープンした「梟書茶房」
ずっと気になっていて、ようやく行くことが出来ました!
fukuro1.jpg

「梟書茶房」は、神楽坂の書店「かもめブックス」の代表、柳下氏と
ドトールコーヒーの菅野氏が、本と珈琲の魅力を伝えるべく作ったお店。

「かもめブックス」は、お気に入りの書店の一つです。
(以前の記事をご参照↓)
http://cscafe-vitz.blog.so-net.ne.jp/2015-03-31

お店に入ると、店員さんに希望の席を聞かれます。
というのも、このお店。
4つのエリアごとに、表情の違う空間が展開されているのです。

①ラウンジ
ふかふかのソファで、ゆったりと珈琲と食事を楽しめる。

②図書エリア
柳下氏がセレクトした約1000冊の書籍を自由に閲覧でき、
ひたすら本に没頭できる。

③アカデミックエリア
学校の図書館をイメージした、一人で本と向き合える。

④森の部屋
優しい木の質感と、テラスからの日差しとグリーンに囲まれて
癒される。

それぞれのエリアは、どれも魅力的。
2名~数名で訪れるなら、ラウンジや森の部屋。
一人で読書に没頭したいなら、まさに図書室のようなアカデミックエリア。
お店を出てから気づいたのですが、図書エリアはものすごく気になります。

そんな中から、今回は④森の部屋にしました。
窓際の席で、自然光が明るく、テラスの緑に癒される空間です。
fukuro3.jpg

せっかくなので、サイフォンで抽出する深煎りコーヒー「梟ブレンド」と
お店の名物らしい「Bookシフォン(プレーン)」をオーダー。

シフォンは、ふわっふわ!
fukuro4.jpg

ドリンクやフードメニューは、思ったより充実してました。
珈琲以外に紅茶やフルーツティー、アルコールもあるし、食事はホットドッグに
パスタやパンケーキ、ケーキ類もありました。

アンティーク風の鍵は、お会計の時にレジに持っていく。
fukuro2.jpg

皆さん、お店の中を散策して、本を手に取っていました。
私は図書館に返さなければいけない本があったので、ひたすら読書に
没頭していたのでした(汗)

でも、本に没頭できるような雰囲気なので、読書好きにはいいですね。
1時間ほどの滞在でしたが、お陰でかなりページが進みました♪

それから、このお店のもう一つの特徴が、お店の外にある
シークレットな本屋さん。
柳下氏が選んだ約2000冊の本が販売されているのですが、オリジナルの
ブックカバーで袋とじされていて、本のタイトルがわからないように
なっているのです。
表紙に書かれている紹介文を読んで、自分でピンときたものを手にとる。
このスリルとワクワク感がたまらないですね!

普段あまり読書をしなくて、どういう本を読んでいいか分からない人も、
本をたくさん読む読書家の人も、どちらにも楽しめそうです。
今回は本を選ぶ時間がなかったので、次回は予期せぬ本との出会いを
体験してみようと思います♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。