So-net無料ブログ作成

滋賀旅行①<序章> [旅行]

ついに滋賀デビューしました!

47都道府県中行ったことがないのが、滋賀県と福井県。
この2県はなかなかご縁がないなあと思っていたところ、
今年に入ってから、妙に滋賀県が心に引っかかったのです。

それまでは、滋賀県というと琵琶湖。
ぐらいしか思い浮かばなかったのですが、よくよく調べてみると、
彦根城があるんですよね!

彦根城といえば、ひこにゃん。
…もそうですけど(笑)
なんといっても現存12天守の一つ。
城好きとしては、必見のお城です!

それに滋賀県って地図を見ると、あちらこちらに戦国時代の
城跡や古戦場など、歴史好きの萌えポイントが満載!
例えば、小谷城、安土城、佐和山城などなど、地図を見た
だけでも大興奮なのでした。

今回は1泊2日という短期間で、しかも電車での移動だったので
長浜・彦根・近江八幡を旅しました。

まずは新幹線ひかり号で米原まで行き、そこからJR琵琶湖線で
長浜へ向かいました。
ひかり号、すごく久しぶりに乗りました。
のぞみとの違いは、京都までの場合、小田原、岐阜羽島、米原に
停車するっていうところ。

岐阜羽島と米原は、今回初めてその存在を知ったのでした。
いや、正確に言うと、のぞみに乗っている時に「岐阜羽島を通過
しました」とか「米原を通過しました」という表示が出るので、
うっすらとは目にしたことがあるのですが、今回はっきりと
意識したのでした(苦笑)

余談ですが。
私は新幹線が大好きなので、車窓からの景色を見るのも好き。
東海道新幹線に乗ると、毎回必ず目にする看板があります。
それは、なぜか畑の中に現れる不思議な看板。

727 cosmeticsローズ羽毛ふとん

職場の人達とこの話をすると、「知ってる知ってる!」
「実物見たことないよね」と、かなり盛り上がります(笑)
ネットで調べれば分かるのでしょうけど、あえて調べずに
謎のままにしておきます(笑)

あとは、毎回自分だけのチェックポイントを見るのも楽しみ。
富士山はもちろんのこと、箱根ターンパイク、掛川城、斜面に
立ち並ぶおもちゃみたいな家々、山の中の神社etc。
これらを見ると「東海道新幹線に乗ってるんだな」っていう
実感が湧いてくるのです。
かなりマニアックですけど(苦笑)

そうやって車窓を眺めたり、ちょっとウトウトしたりしている
うちに、米原に到着。
いよいよ滋賀県に初上陸です!

米原からはJR琵琶湖線に乗り換え。
ホーム上に△の印があり、番号が書かれています。
私が乗る電車は1~4番と書かれた場所に止まるというアナウンスが
あったので、3番の所に並びました。

電車が入ってきてドアが開くのを待っていると、隣りのドアは
開いたのに、なぜか私のところだけ開かない…!
すると、後ろにいた人がボタンを押してドアを開けてくれました。

そうか!ボタンを押してドアを開けるのか!

地方に行った時に、ドアの所にボタンがあるのは見たことあった
のですが、実際に自分でドアを開けるというのは初めてで。
ってことは、下りる時もボタンを押さなきゃいけないのか…。
なぜか、とても緊張したのでした(汗)

長浜までは、10分ぐらいで到着。
他にも降りる人がいたので、ボタンは押さずにすみました(苦笑)
でも、二日間で慣れないとな。
フツーにボタン押して乗り降りできるようにならないとな。

そんな思いを抱きながら、いざ長浜へ!
(つづく)
shiga1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。