So-net無料ブログ作成
検索選択

すごい勢いで追い抜いていく歌 [エレファントカシマシ]

昨日の豊洲PITは熱かった!

どの曲もホントによかったけど、一番心に残ってるのは「RAINBOW」
あの強烈なパワーはなんなんだろう。
最初からいきなりグワッきて、途中で優しいささやきボイスになって、
またグワーッと一気に盛り上がるっていう。(曲の話です)
そこがもう絶妙!

曲の背景がどうのとか、そういうの何も知らなくても、純粋にストレートに
心に響きますね、これは。

今日は一日中「RAINBOW」が脳内再生されてました。
これは「TEKUMAKUMAYAKON」を超えたぞ!
最近は「TEKUMAKUMAYAKON」と聞いただけで、脳内再生が始まってしまうので(苦笑)

今回のアルバム、まだ聴きこんでないけど、曲順といいすごくバランスが
いいように思う。
新しい試みをして新鮮な部分もあるのだけど、自然というかしっくりくる。

先生の病気などで、意図せずアルバム製作まで3年半という時間がかかり、
病気になる直前や療養中、病後と、それぞれの時期に作られた曲が混在
しているにも関わらず、全体的にまとまっているように感じるのは何故か。
それは、アレンジとかメロディが違っても、一つ一つの曲が芯の部分では
共通していて、その曲達が集まって一つのアルバム「RAINBOW」という形に
なったから、不自然じゃないのだ。

自分が、すごい勢いで追い抜かれていくってことに気づく。
今の自分を受け入れて、それをストレートに表現する。
そういうシンプルさが伝わるのかもしれない。

そんな風に、さっき勝手に結論しました。
まあ、もっと聴きこんだら、またいろんなことを感じたり、気づいたりするん
だろうけど。
なにはともあれ、素晴らしいアルバムってことです。

すごいの作っちゃったな~、エレカシ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。