So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

暮れゆく2017年の空 [日々の出来事]

今年も、もう残りわずか。

あっという間に過ぎていき、振り返る間もなかったので、
今、この時間、今年を振り返ってみました。

自分にとって、今年はどんな年だっただろう。
ふと、漢字の「祝」という字が思い浮かびました。

立て続けに友人たちの結婚式に呼ばれたり。
エレカシの30周年ライブに行ったり。
誰かを祝福する一年だったように思います。

もちろん、いいことばかりではなかったけれど。
かといって、最悪なこともなかったし。
それに、誰かを祝福するって素敵なことですよね。

だから、まあ、いい年だったんだな。

あと数時間で新しい年がやってきます。
それまでは、暮れゆく2017年の余韻を楽しみます。

それでは、よいお年をお迎えください!
2017end.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長野旅行④<長野市内を行く> [旅行]

善光寺を堪能した後は、蕎麦ランチ♪
長野に来たら、絶対お蕎麦!
実は、前日の夜もお蕎麦でした。

前日の夜に駅ビルの中にある「草笛」で食したお蕎麦。
nagano2017_1.jpg

長野って、どのお店で食べても、あまり外れがない気がする。
出雲蕎麦も好きですが、長野のお蕎麦も大好きです。

さて、ランチは「藤木庵」で「ごくらく蕎麦」を頂きました。
もり汁、くるみ汁、とろろ汁の3種類のつけ汁でいただきます。
中でも、くるみ汁が美味しかったなあ!
くせになりそうです。
nagano2017_13.jpg

nagano2017_12.jpg

ランチ後は、前回行けなかった「Roger」さんを訪れました。
入る前からかわいい!
nagano2017_11.jpg

国内外の雑貨を扱っていて、好みのものがたくさん♪
ポストカードやレターセット、ポーランドのワセリン等を購入しました。
nagano2017_25.jpg

善光寺付近にはレトロな建物が多く、レトロ建物好きにはたまりません。
こちらは、三河屋洋傘専門店。
nagano2017_10.jpg

北野文芸坐。
nagano2017_18.jpg

国内最古級の映画館「ロキシー」
nagano2017_19.jpg

KANEMATSU。
nagano2017_15.jpg

中にある、カフェ「粉門屋仔猫」さんと「遊歴書房」さんは
前回訪れた、お気に入りの場所。
今回は、「遊歴書房」さんのみを訪れました。
nagano2017_16.jpg

相変わらず、天井まで本の山脈がそびえたってました。
記念に、西加奈子さんの「うつくしい人」を購入。
西さんの作品の中でも、この作品は初めて目にしましたが
結構面白かったです。
現在、友達に貸出中。

善光寺付近には、よさげなカフェもいろいろあるので、
カフェめぐりをしても楽しそう。

パティスリーHEIGORO
nagano2017_14.jpg

カフェ日々
nagano2017_17.jpg

ch.books。残念ながら、この日はお休みでした。
nagano2017_20.jpg

前回訪れた粉門屋仔猫。
nagano26.jpg

迷った末に、今回は「春陽」さんに行ってみました。
かわいらしい外観。
nagano2017_21.jpg

中の雰囲気も素敵な感じです。
他にお客さんがいなかったので、窓際の席に座りました。
ゴルゴンゾーラのレアチーズと紅茶をオーダー。
nagano2017_22.jpg

ケーキも美味しいし、お店の雰囲気も好み。
けれど、なぜか落ち着かない。。。
お店の方が、ちょっと素っ気ない感じだからでしょうか。
「粉門屋仔猫」さんでは、お店の方といろいろお話したり、
とても温かい雰囲気だったので、同じように考えてしまった
からかもしれません。
常連のお客さんとは楽しそうにお話をされていたので、
何度か通えば受け入れて頂けるのかもしれないですね。

思ったより短めの滞在になってしまったので、帰りの新幹線まで
どうやって時間を潰そうか、しばし悩みました。
本当は、信濃美術館で東山魁夷の作品を見ようと思ったのですが、
あいにく現在休館中とのこと。
そこで、水野美術館に行ってみることにしました。
いったん長野駅に戻り、バスに乗って15分ほどで到着。

水野美術館は日本画専門の美術館で、横山大観や菱田春草の作品を
見ることが出来ます。
私が訪れた時は、水野コレクション「横山大観×菱田春草」という
展覧会が開催されていました。
nagano2017_23.jpg

大観と春草は、ともに東京美術学校(現・東京藝術大学)に学び、
明治期、岡倉天心が目指した"新しい日本画"の創造 に邁進した朋友。
天心の理想を実現すべく生み出した「朦朧体」は、輪郭を用いずに
淡い色彩で空気や光線などを描く手法らしいです。
当初は邪道だと言われたようですが、私は素敵だなと思いました。

水野美術館は、お庭も素敵です。
nagano2017_24.jpg

最後にアートも堪能でき、二日間の長野旅は無事終了しました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長野旅行③<善光寺を行く> [旅行]

2日目は長野市内を散策しました。

まずは、一年ぶりの善光寺から。
あいにくの曇り空でしたが、週末という事で多くの参拝者で
賑わっておりました。

nagano2017_3.jpg

nagano2017_4.jpg

三堂・資料館共通チケットを購入して、山門からスタート。
山門からの眺め。
nagano2017_5.jpg

アミアミ越しに見る本堂って、貴重かも~。
nagano2017_6.jpg

さて、いよいよ本堂をお参り。
善光寺と言えばお戒壇巡りですが、私にとっては因縁の場所(苦笑)
一度目は母のせいで極楽の錠前に触れることが出来ず。
二度目は人がいなかったため、暗闇におびえて煩悩だらけ。
詳しくは、こちらをご参照下さい↓
http://cscafe-vitz.blog.so-net.ne.jp/2016-05-30

ちなみにお戒壇巡りというのは、御本尊の安置される瑠璃壇下の真っ暗な
回廊を通り、中ほどに懸かる「極楽の錠前」を探り当てて、秘仏の御本尊と
結縁する道場。

今回は三度目の正直!
煩悩を取り払って極楽の錠前に触れるというミッションを自らに課す。
幸い今回はお戒壇巡りをする人がたくさんいたので、絶好のチャンス!
人がいた方が心強いし、錠前の場所も誰かが触れば見当がつくもんね。

前にいた家族連れの後に続き、いざ本堂の下へ。
光が一切入らないので、本当に真っ暗なんです。
子供が多かったようで「こわ~い!」「見えな~い!」という声が、
あちこちから聞えてきます。
そして、大渋滞でなかなか前に進まない…。

暗くて狭い所、あまり得意ではないのです。
こういう時に誰かと一緒だと気持ちを分かち合えていいですね。
一人だと、孤独に恐怖心と闘わなきゃいけないので(汗)
一たび「怖い」と思ってしまうと、自分の恐怖心に気づき
どんどん怖くなってしまいます。

子供たちのキャーキャー言う声。
錠前をガチャガチャ触る音。
暗闇の恐怖心。

早く先に進んでくれないかなあ。。。。
だんだんイライラが募ってきて、思わず
「早く行ってーーーー!」と叫びたい気持ちになりました。

おそらく数分ほどだと思うのですが、何十分にも感じるほどの時間。
そのうちだんだん声が遠のいていき、少しずつ光がさしてきました。

あれ?
え、もう出口…?

そう、なんと錠前に触れないまま出口に来てしまったのです!
がーーーーーーん!
みんな錠前をガチャガチャ触ってたのに、私だけ触れないなんて!
めっちゃショックでした。
今思うと、イライラして煩悩だらけだった ので、錠前に触れさせて
頂けなかったのかもしれませんね(汗)

しかし、このままでは帰れん!ってことで。
再びお戒壇巡りにチャレンジ!(苦笑)

今度は子供たちがいないのを見計らって、夫婦連れの後に続きました。
人はいるけど、さっきみたいに騒々しくない。渋滞もしてない。
今度はしっかりと錠前に触れることが出来ました♪
これで心残りないです(苦笑)

無事に(!?)お戒壇巡りを済ませた後は、善光寺資料館へ。
仏像がたくさん飾られていました。
nagano2017_7.jpg

共通券があるので、経蔵にも行ってみました。
中に入ると私のほかに二人いたのですが、三人で輪蔵を回すことに。
輪蔵とは独楽のような形をした書庫で、輪蔵を回すことにより、
一切経を読んだのと同じ功徳が得られるそうです。
初めての経験でした。
nagano2017_9.jpg

ちょうど紅葉が始まる時期でした。
nagano2017_8.jpg

つづく。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いいじゃん、いいじゃん、いいじゃん! by 宮本浩次 [エレファントカシマシ]

今朝のNHK「おはよう日本」に、宮本先生が登場!

高瀬アナとの対談や下北沢SHELTERを訪れた様子など、
盛りだくさんの内容でした。

先生の髪グシャや数秒フリーズに対して、頷きながら真剣に
耳を傾けてくださる高瀬アナ。いい人だ~♪

そして、さすがNHK!合唱団時代のネタが豊富。
40年ぶりに合唱団が練習するスタジオにも訪れていました。
そこには、現役で合唱団に所属する子供たちがいて、先生に
「何歳ですか?」「どこに住んでますか?」「結婚してますか?」
などといった質問を容赦なくあびせかけてました。
これには、さすがの先生もタジタジ(苦笑)

先生と子供たちの絵面って、なんか新鮮(笑)

さらに、素敵なサプライズも!
なんと、子供たちが「風と共に」を合唱してくれたのです。

すっげーーーー!めっちゃクオリティ高い!
これじゃ、バスガイドさんも驚きますわな(苦笑)
それに、「風と共に」ってやっぱり合唱に向いてるな~。
そのうち教科書に載っちゃいそう。

子供たちの合唱に、先生も思わず感極まる。
先生、歌い続けてきたよかったね。
子供たちにとっても、先生の存在は希望になってるんじゃないかな。
この中から、将来歌手になる子が出るかもしれないですね。

子供たちの歌を聴き終わった後
「いいじゃん、いいじゃん、いいじゃん!」と先生。
思いっきり照れ隠し(笑)
最後は「君たちいい顔してるぜ!」とライブの時を彷彿とさせる
お言葉で子供たちを褒めてました。

はーーーー朝から感動をありがとう、NHK!
ありがとう、高瀬アナ!
ほんとに笑いあり、涙あり、感動ありでした。

紅白まで、あと少し!
何百回と歌ってきた歌と言ってましたが、その中でも最高の
「今宵の月のように」が聴けるのを楽しみにしてます!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマスイブ [お散歩・お出かけ]

久しぶりに東京カテドラル関口教会までお散歩しました。
クリスマスイブということで、今夜はミサが行われるそうです。

クリスチャンではないのですが、教会の厳かな雰囲気が好きです。
ここ関口教会は、丹下健三氏の設計によるデザインも素敵なので、
時々訪れる場所。

教会とは思えないような、斬新なデザイン。
上から見ると大きな十字架の形をしているそうです。
sekiguchi.jpg

中は天井が高く、柔らかな光が差し込む光景はとても神秘的。
後方にあるパイプオルガンの音色が聞こえる中、ミサに参加する
人達が早くも席につきはじめていました。

なんか心が落ち着きますね。
私もミサに参加したかったです。

子供の頃に通っていた保育園がキリスト教系だったので、毎日
お祈りの時間がありました。
クリスマスイブはイエス様のお話を聞き、みんなで「きよしこの夜」を
歌って、園児たちによるイエス誕生の劇が行われました。
そのせいか、クリスマスイブは今でも厳かな気持ちになります。

子供の頃の体験て、大人になっても覚えているものですね。
いい経験をさせてもらったなと思います。

帰りに、スペースセントポールという売店でオーナメントを購入しました。
今日と明日、部屋に飾ることにします。

May your Christmas be merry and happy!

sekiguchi2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -