So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

長野旅行②<小布施を行く~北斎館・栗グルメ> [旅行]

岩松院から小布施の中心エリアへ戻ってくると、ものすごい人!
訪れたのが10月下旬で、ちょうど栗のシーズン。
小布施といえば栗なので、以前来た時と違って観光客で賑わってました。

時計を見るともうお昼過ぎ。
観光案内所で教えて頂いた「竹風堂」でランチをすることに。
栗菓子のお店でもあるのですが、栗おこわも有名。
めっちゃ混んでましたが、観光案内所のおばちゃん曰く、混んでても
割と回転が早いとのことなので、待つことにしました。

先に名前と注文を伝えて、呼ばれるまで待合室で待つシステム。
平日だからか、お客さんの年齢層は割と高め。
テレビがあって、ちょうど「わろてんか」の再放送がやってたので
見ながら待ちました。

30分弱ぐらい待ったでしょうか。
ようやく名前を呼ばれて、席に着きました。

こちらが栗おこわの定食!栗が甘くてほくほく~♪
obuse11.jpg

お腹が満たされた後は、北斎館を訪れました。
obuse12.jpg

北斎様は80代半ば、地元の豪農商 高井鴻山の庇護のもとに、岩松院や
東町・上町祭屋台の天井絵を書いたそうです。
北斎館にはその祭屋台の天井絵をはじめ、肉筆画や版本、錦絵などを
展示しています。

東町祭屋台天井絵「鳳凰」図と「龍」図は、圧巻でした!
上町祭屋台天井絵「男浪」「女浪」はちょうど貸し出し中のため見れず。
とても残念でした…(涙)

特別展は「北斎漫画の世界」
人間の表情の変化や動作、植物や動物、建物、自然。
北斎様の描写は本当に細かくて、素晴らしいとしか言えません!
この北斎様の世界観が遠くヨーロッパに伝わり、ジャポニズムの
きっかけになったのですね。
obuse13.jpg

北斎館のあとは、北斎つながりで高井鴻山記念館にも足を運びました。
途中の遊歩道、栗の小径もいい雰囲気です♪
obuse14.jpg

こちらは高井鴻山記念館の敷地内にある「翛然楼(ゆうぜんろう)」
鴻山の書斎兼サロンで、北斎様をはじめ多くの文人墨客が訪れたそう。
北斎様のよき理解者であり、経済的な支援者でもあった鴻山は北斎様を
師と仰いで尊敬し、北斎様は鴻山を「旦那様」と呼んでいたとか。
江戸と小布施。不思議な結びつきですね
obuse15.jpg

小布施は花の町でもあるんです。
個人宅のお庭をオープンガーデンとして公開していて、一般の人も
入って見学することができます。
目印は、この表示。
obuse17.jpg

せっかくなので栗スイーツを頂こうと、これまた観光案内所で教えて
頂いた「栗の木テラス」へ。
ここはモンブランが有名らしく、すでに順番待ち状態。
30分以上待って、ようやく席につくことができました。
栗の時期は、どこも行列覚悟です(汗)

ようやくありつけた、新栗のモンブラン。栗の風味がなんともいえない♪
紅茶のお店でもあるので、ポットサービスの紅茶とともに。
obuse19.jpg

栗スイーツのお店と言えば、小布施堂も有名。
特に9月中旬~10月中旬の季節限定スイーツ「朱雀」は、整理券が配られる
ほどの大人気。
obuse18.jpg

栗と北斎様を堪能し、小布施散策の最後は駅近くにある「まちとしょテラソ」
死ぬまでに行ってみたい世界の図書館にも選ばれた図書館です。
図書館好きとしては外せません♪
obuse21.jpg

みんなに親しまれる集いの場になるように、これまで親しまれた町の図書館で
あることと、待ち合わせの場という意味を込めた「まちとしょ」
そして、「世の中を照らしだす場」「小布施から世界を照らそう」などの考えを
加えて「まちとしょテラソ」と名付けられたそう。

外観も素敵ですが、中も開放的でおしゃれな空間。
家の近所だったら、通いたいぐらい素敵です!

http://machitoshoterrasow.com/index.html

栗と北斎様と花と本。
小布施には、私の好きなものがたくさんある。
やっぱり、いい町です!
obuse20.jpg

obuse22.jpg

obuse23.jpg

obuse24.jpg

つづく。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

レモナック [お気に入り]

スーパーで見かけると、つい買ってしまうもの。

山崎製パンのレモナック
lemonack.jpg

子供の頃に食べた、レモンケーキに似ている。
あれはレモナックだったのか…?

子供の頃、レモンケーキが大好きで、近所のお菓子屋さんで
よく買ってもらった記憶がある。
おそらく、高級なものというよりは、庶民的な感じだったような。

パッケージの色や紙の質感は似ている。
味や見た目も似ている。

レモナックという名前には、とんと記憶がないのですが、
あれは、やっぱりレモナック?

それでも、ついつい買ってしまう。
ふんわり懐かしい香りがする、レモナック。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

埼玉大好き!@大宮ソニックシティ [エレファントカシマシ]

47都道府県ツアーの大宮ソニックシティに行ってまいりました。
※以下、ネタバレありですのでご注意ください!

エレカシライブは7月の八王子以来。
4月の北とぴあから始まったツアーも、あともう少しで終わりですね。

我ながら驚いたのですが、大宮を訪れたのは初めてでした。
新幹線では通るんですけど。
さすがに大きな駅で、人もたくさん!
大宮ソニックシティは、駅からすぐのところにあるので分かりやすい。
開場時間の前に、すでにグッズ購入の列ができてました。

グッズかあ。。。。
。。。。触れないでおこう(苦笑)

今回の座席は2階端の前方だったので、ステージがよく見えました。
いつもなら、始まる前はドキドキして興奮状態なのに、咳喘息の薬を
服用したせいか、猛烈な睡魔に襲われる…。
始まったら、眠気なんて吹っ飛んでしまうでしょうけれど。

ええ、その予感は的中。
1曲目の「歴史」が始まると、先生の声のデカさに目が覚めましたよ(笑)
先生、この日も声が絶好調!
こりゃ、終わった後は絶対耳ツーンになるなあ(なりました)。

久しぶりのエレカシライブ。
さらにパワーアップしてました!

「埼玉は第二の地元」と言って、歌でもMCでも「埼玉」という言葉を
とにかく連発してました(笑)
昔、川口に洋服を買いに行ったらしいです。
そして「近いのに、昨日は大宮に泊ってしまいました!」と嬉しそう。

先生、埼玉を好きすぎ~(笑)

★ハロー人生!!
この曲で、事件が起きました!
演奏の途中で、石君がステージの前方へ出てきた時のこと。
石君、いつもよりノリノリじゃん!と思ってたら…。
何やら先生が石君にマジで突っ込んでたのです。

演奏後「耳元で大きい声を出すから、ビックリしたー!!」と
マジで驚いた表情を浮かべながら話す先生。
余程のことだったらしく、その後も暫く言ってました(苦笑)

あーーー石君!ナイスファイトだったのに~。
タイミングが悪いっちゅうか、なんちゅうか…。
これに懲りず、また前に出てきてねと心の中でエールを送りました(苦笑)

★デーデ
金を稼ぎたいってことをひとしきり話して、歌う前に放った一言。
「あなたと同じでね!」
なんか妙に迫力ありました(苦笑)
「金があればいい~!」にも、めちゃめちゃ力が入ってて、いつもより
ハイテンションな感じでした。

なんだろ、このテンション。
やっぱ埼玉が本当に好きで、テンション上がっちゃってるんでしょうか(笑)

★悲しみの果て
この曲を作ったときに、四畳半の歌だと思ったそうです。
自分の四畳半の部屋で作ったってことですかね。
周りには「四月の風」の方が評判がよかったけど、自分はこの曲をA面に
したいと言ったとか。
先生のこだわりが、見事に再起に繋がったってことですね。

今回のツアーでも、この曲のバージョンアップ度がハンパない。
聴くたびに、どんどん素晴らしくなってます!

★今宵の月のように
曲の前に、紅白への思いを語ってくれました。

「子供の頃、大晦日だけは夜遅くまでテレビを見てよかったので、
家族で紅白を見た」
「昭和の思い出がある」
「出られて嬉しい」

デビュー当時から紅白に出たいと言ってた先生。
そこには、子供の頃の大切な思い出が込められてたのですね。

確かに、私もまったく同じで。
大晦日だけは夜更かしして、家族みんなで紅白を見るのが楽しみでした。
ほんと、昭和の思い出だな~。

紅白で精一杯歌ってくると言った先生に、会場は温かい拍手。
この日の「今宵の月」は、いつも以上に力強い歌声だった気がします。
テレビの前で、勇姿を見届けますよ!

★風に吹かれて
曲中でお客さんが手を振るところについて。
「私がやらないから、向きがバラバラだったりしてね」とニヤリ。

確かに右から振る人と左から振る人がいるので、なかなか会場みんなが
揃うっていうわけにはいかないんですけどね(汗)
そんなこと言われたら、緊張するじゃんーーーー!

そう、おそらく会場のみんなが手振りに集中(曲よりも?)。
そのせいか、今回は見事に揃ったのでした(笑)

演奏の後「ちゃんと合ってましたね」と先生。
ご満足いただけたようです(笑)

★翳りゆく部屋
女性ならではの気持ちを表していて、自分では書けないと言ってました。
「女性を崇拝していた」とも。(今でも崇拝してる、とも)
先生見てると、そんな感じがします。
声、めちゃめちゃ出てました。
サニーさんのピアノも素敵♪

★笑顔の未来へ
当初は、この曲のタイトルを「涙のテロリスト」にしようと思ったけど、
テロリストっていう言葉がよくないと言われ、このタイトルになったと。
確かに、こっちで正解です(笑)

★3210
★RAINBOW
3210からRAINBOWへの流れ。
前回聴いたときよりやや間があったけど、それがまたゾクゾクする!
来るぞ、来るぞ~!ドーーーン!みたいな。

RAINBOWでは、先生このまま倒れちゃうじゃないかと思うぐらいの熱唱。
いつ聴いてもカッコイイ!
この曲をずっと歌い続けるには、体力維持が大切ですね。

★今を歌え
初めて生で聴きました。
ステージに置かれたライトが木に見えて、まるで夕暮れ時の森のよう。
そう。目の前に夕暮れ時の景色が浮かぶ曲ですね。
いろんなものを背負った大人の背中。
静かにその背中を押してくれる歌だと思いました。

★風と共に
やっぱり。。。。。やっぱりいい!
特に「幼い頃から空は青くて~」で始まる2番が好き。
詩とメロディーが絶妙に合っていて、幼いころに見た空を思い出し、
思わず胸がキュンとします。

自分を褒めていい!自分を認めてもいい!
自分というものを肯定したくなるような、勇気をくれる曲。

今までの代表曲が「今宵の月のように」なら、これからの代表曲は
この曲っていう気がします。

ぜひ紅白で歌ってほしいな!

★生命賛歌
前回行った八王子の時は、何かが憑依してるかのようなキレっぷり
だったので、今回はどんな狂気を見せてくれるのか。
とドキドキしていたら、前回ほどの怪しさはなかったのでした。
最後の方で、例の「さい、さい、さい」と言って少し怪しい動きに
なりましたけど。
先生、髪切ったらいい意味で普通っぽくなったからなあ。

★RESTART
この曲も、生で聴いたのは今回が初めて。
なんといってもイントロが印象的!
「今を歌え」が静かに背中を押してくれるのだとしたら、こちらは
思いっきり背中を押してくれる曲。
会場も異様に盛り上がってました!

★夢を追う旅人
ここ最近、自分を奮い立たせるときのテーマ曲です。
「さあ行こうぜ!」っていうダイレクトな言葉が、前向きな気持ちに
してくれるので、大好きな曲。
ライブだと、より一層勇気をもらえます。

★ファイティングマン
曲の途中で、客席から「フゥ!フゥ!」っていう合いの手が!
なにそれ!?今までそんなのなかったのに。
後半戦でそういうスタイルになったの???
いろいろ進化してるのね。。。

ラストは「待つ男」で、キレッキレの歌声を披露してくれて、
ライブは終了しました。

みんなで整列しておじぎのシーンも見慣れてはきたけれど、
毎回ほほえましいです♪

先生が、自分でも声の調子がいいと言っていたように、本当に絶好調。
それに、大好きな埼玉でのライブということで、リラックスしてて
嬉しそうなのが伝わってきました。

私にとっては、これが今年最後のライブ。
一つのツアーの中で、演奏がどんどんバージョンアップして、
ライブ自体の盛り上がりもどんどん増していったのを目の当たりに
出来たのは、とても貴重な経験でした。

予想以上に大躍進の30周年イヤー!
30th ANNIVERSARY TOUR 2017 "THE FIGHTING MAN"
楽しませて頂き、心から感謝です♪

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日比谷で秋を感じた日 [お散歩・お出かけ]

ここのところ、秋というよりもはや冬の訪れを感じる様な気候でした。
今日は久しぶりに暖かい一日だったので、ぶらり日比谷公園をお散歩。

「ご当地鍋フェスティバル」というイベントが開催されていて、
園内はたくさんの人!
最近はいろんなフェスがありますな。

フリーライブもやってました。
hibiya1.jpg

以前この近くに勤めてた時、よく日比谷公園でフリーライブを
聴きながらランチをしたことを思い出しました。
ほんと、都会のオアシスですね。

私のお気に入りの紅葉スポットは、鶴の噴水がある池。
毎年ここの紅葉を見に来てます。

今年もキレイ~♪
hibiya6.jpg

hibiya2.jpg

hibiya3.jpg

紅葉越しのビル。変わりゆく日比谷。
hibiya5.jpg

黄色い花越しの野音。来年は絶対行くぞー!
hibiya4.jpg

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

北斎とゴッホをハシゴする [アート]

この秋は、楽しみな展覧会がほぼ同時期に開催されています。

北斎とジャポニスム
ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

どちらも上野エリアで開催されているので、一日で美術館をハシゴ
しちゃいました♪
大好きな画家たちの作品を同時期に見れるなんて、幸せ~!

まずは、国立西洋美術館で開催されている北斎様から。
hashigo2.jpg

西洋美術館の中に入るのは久しぶり。
以前から、ル・コルビュジエが設計したことは知っていましたが、
世界遺産に登録された今となっては、感慨深いものがありますね。
hashigo1.jpg

入口にずら~っと長ーい行列ができていて、いきなり怯みました(汗)
あ、この写真は見終わった後でいくぶん列が短くなってますが、
朝はもっとすごかったのです。

やべ、朝イチで来るべきだったか。。。。
不安がよぎりましたが、よく見るとチケットを購入する人の列でした。
前売りを買っていたので、スムーズに入ることが出来て、ひと安心!

ロッカーもギリギリ空いていたので、荷物を預けて中へ。
美術館では音声ガイドを借りるので、今回も借りました。

ナビゲーターは、松重豊さん!
そういえば、「百日紅」で北斎様の声を担当してましたね。
北斎様と松重さん。
うーん、最高です♪

さて、本展覧会では、19世紀後半に西洋にもたらしたジャポニスムに
おいて、北斎様がなぜ多くの芸術家たちを惹きつけたのかという
テーマに沿って展開されています。

ゴッホが影響を受けたというのは知ってましたが、ドガやモネ、セザンヌ等
名だたる芸術家たちまでも影響を受けていたとは、知りませんでした。

作品を見ると、「もろ真似してるやん!」というものから、「なるほど、
言われてみればそうかも」というものまで様々。
「北斎漫画」の細かい描写を真似しているものが、結構多かったですね。

「北斎漫画」は今で言う漫画とは違って絵手本なのですが、日本のみならず
西洋の芸術家たちの絵手本でもあったのですね!
以前から北斎様の描写の細かさには敬服してますが、今回改めて見てみると
その凄さを実感したのでした。

それに、北斎様の絵って動きがあって、愛嬌もあるんですよね。
例えば「北斎漫画」十二編の「風」という作品は、風を表現するために
周りに葉っぱなんだか、よくわからない細かいものが舞ってるのですが、
「え、少女漫画のバックか!?」と思ってしまいました。
少女漫画のバックに描かれるキラキラッってやつ(笑)

幽霊や妖怪の画もあまり怖くないし。
そういうところが、やっぱりいいな~。

他にも「神奈川沖浪裏」のような波や、木を手前にドーンと描く手法、
遠くに見える富士山など、さまざまな作品が西洋の芸術家たちに
影響を与えたようです。

え、こんなところまで?
え、モネのこの作品も?って。
北斎様、本当にスゴイ!
心の中で「スゴイ!スゴイ!スゴイ!」と連発してました(笑)

大興奮の北斎展の後はランチを挟んで、東京都美術館で開催中のゴッホ展へ。
hashigo4.jpg

こちらもチケット購入の列はできてましたが、北斎展ほどではなかったかも。
しかし、ロッカーの数があまり多くなく、空くまで5分ほどウロウロ。
ちょうど出す人がいたので、すかさず預けました。

ゴッホ展の音声ガイドは常盤貴子さん。
そういえば北斎展もそうでしたが、音声ガイドのイヤホンが片耳バージョンに
変わったのですね。

さて、ゴッホ展。
こちらはゴッホが主役ですが、やはり日本の浮世絵から影響を受けたという
テーマで展開されています。
北斎展とシンクロしますね。

北斎様だけでなく、広重様や渓斎英泉、歌川国貞などの浮世絵師からも
影響を受けていたようですけど。

ゴッホの作品は、やはり色がいいですね~。
モネはやさしい色ですが、ゴッホは鮮烈というか。
自分の思いのたけを絵に込めているように感じます。
つくづく繊細な人なんだなあ。

そして、展覧会のテーマではあるけれど、浮世絵から影響を受けた作品が
これほどたくさんあることに驚きました。
ゴッホってば、日本を好きすぎる(笑)

パリからアルルに移り住んだゴッホは、雪景色や咲き乱れる花を見て、
その地を日本のイメージと重ね合わせていたそうです。
弟や友人に宛てた手紙に、こんなことを書いてます。

「この冬、パリからアルルに向かう道中に受けた胸のたかぶりは、
今でもよく覚えている。<もう日本についたか>と待ちきれない
気持ちだった。子供みたいだが。」

「ここに日本の絵をおいておく必要はない。<ここにいるのは日本に
いるようなもの>だとつねづね自分にいいきかせているのだから」

ゴッホってかわゆい♪

日本に来たことはないようですが。
ゴッホにとって、日本はユートピアだったようです。
ああ、ユートピアが永遠に続けばよかったのに…。
続かないのがユートピアか…。

日本に魅せられたゴッホ。
やがて、ゴッホの絵に魅せられる日本人。
なんだか不思議。

昔は西洋の文化に憧れのようなものを抱いてましたが、2つの展覧会を見て
感じたのは、日本ってすごいじゃん!ってこと。
もっと自分の国の文化を誇ってもいいんじゃないかと思いました。

展覧会の図録。
左が北斎展で、右がゴッホ展。北斎展は通常版も売ってます。
hashigo5.jpg

「北斎とジャポニスム」は、来年1月28日まで国立西洋美術館で開催。
http://hokusai-japonisme.jp/

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」は、来年1月8日まで東京都美術館で開催。
http://gogh-japan.jp/

現在、運慶展やこわい絵の展覧会も開催されているので、上野エリアは
賑わってました。
パンダの香香が公開されたら、また一層賑わいそう。

上野駅で見つけたツリーもパンダ♪
hashigo3.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -