So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ボストン美術館の至宝展 [アート]

前売りを購入していたものの、行けていなかった展覧会に
先日ようやく行ってまいりました。

東京都美術館で開催中の「ボストン美術館の至宝展」
boston2.jpg

平日の15時頃に訪れたのですが、行列ができているほどの人気!
平日でこんなに混んでいるとは驚きでした。
一体なぜだ?

中に入ると、その理由がわかりました。
古代エジプトから中国、日本の美術、そして皆の大好きな印象派の
作品など、幅広いコレクションが展示されていたのです。

特に印象に残ったのは、日本美術とフランス絵画のコレクション。

・涅槃図(英一蝶)
釈迦の涅槃すなわち入滅 (死) の情景を表わした図。
北を枕にし、右脇を下にして横臥する釈迦を人だけでなく、動物や
小さな虫たちまでが取り囲み、悲しんでいます。
隅々まで眺めていると、時間を忘れてしまいそうなスケール感。
高さ約2.9m、幅約1.7mという大きさゆえに、ほとんど展示されなかった
そうですが、約170年ぶりに本格的な修理を経て、この度奇跡の里帰り。
本展覧会の見どころの一つです。

・風仙図屏風(曾我蕭)
すさまじい強風、荒れ狂う波。
絵の中に、風を感じます。
力強さの中にもユーモアを感じる作品で、思わずニンマリ。
北斎様のドビッシャーな絵「椿説弓張月」を思い出しました。

日本美術は他にも、喜多川歌麿や酒井抱一の美しい作品にウットリ。

・アンティーブ、午後の効果(モネ)
モネには有名な睡蓮などもありますが。
この作品を見た時「なんて優しい絵なんだろう」と釘付けになりました。
午後の優しい日差しが降り注ぐ中、海の上に浮かぶように描かれた町。
その向こうにはアルプスの山々。
「同じ場所でも、季節や時間帯によって全く違う。変化する」という様な
ことをモネが言ってたそうです(うろ覚え)
午後の光や温度、空気感までも絵で表現しているところが、さすがです。

・ルーラン夫妻(ゴッホ)
郵便配達のおじさんの絵は有名ですが、今回は奥様の絵も登場です。
夫妻の絵を見比べてみると、タッチが違う。
奥様の絵は「耳切り事件」後に描かれたものなので、同居していた
ゴーギャンの影響を受けたのではと考えられています。
確かに、ちょっとゴーギャンっぽい!
ルーラン夫妻は、精神的にもゴッホの支えになったようで、だからこそ
この様な作品を描いたのですね。

ゴッホの作品はこの2点だけなので少ない!
と思ったら。。。。
ちゃーんと、次期にゴッホ展が控えてるんですね。ふふ♪

「ボストン美術館の至宝展」は、10月9日まで。
音声ガイドは、竹内結子ちゃん。
声も美しくて、とても聴きやすかったです。

http://boston2017-18.jp/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

21.5 [日々の出来事]

今日は中秋の名月。
月がきれいですね(by 漱石先生)

月とは全く関係ないんですけど。
先月に引き続き、今月も結婚式に参加予定なのです。

前回は服と靴をレンタルしたのですが、デザインといいサイズといい
選択肢があまりなく。。。
特に靴は歩くと痛くて辛かったので、今回は購入することにしました。

冷え取りをしているため、もう5年以上パンプスは履いていません。
ストッキングも大の苦手です。
しかし、フォーマルな場なので、そこは束の間の我慢です。
前回の結婚式でシルクのストッキングをはいたところ、思ったより
苦痛ではありませんでした。

肝心なのは靴です!

ヒールの高いものは痛そうだけど、ある程度あった方が素敵に見えるし。
ネットで調べた、痛くないパンプスブランドのものを選び、店員さんに
サイズを告げました。

冷え取りをやる前はパンプスばかり履いていて、その当時は22センチ
だったので、とりあえず22センチを。
ちなみに、靴下だと厚さや枚数で如何様にも調節できるので、普段は
22.5~23センチの靴を履いています。

しかし、ことパンプスとなると事情が違うようで。
なんと22センチでも、やや後ろが余ってしまうという…。
店員さんが持ってきてくれた21.5センチを履いてみると、ピッタリ!

21.5だなんて!!!
ち、縮んでる…?
22でも小さいと思ってたのに、さらに小さいなんて…!
なんかショック。

ショックのあまり店員さんに「21.5なんてあるんですね」と何度も
聞いてしまいました。
ちなみに、ブランドにもよりますが、あるそうです。

友達は足のサイズが大きくて靴選びが大変だと言っていたけど、
小さいのも大変です。
普通がいい。。。。

とはいえ、サイズがピッタリだからか、ヒールが高いのに
思ったより履き心地がいいのです。

まあ、当分パンプスを買うこともないので。
21.5は今回だけってことで。
なんとなく秘密にしておこう。

月と私だけの秘密…。なんちって。(無理やりすぎる)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国地方の旅⑤<萩> [旅行]

旅の最後は萩へ。

萩を訪れるのは10年ぶり。
前回は萩から温泉津に行ったので、今回は逆コース。
近いと思ってたら、山口県に入るまで結構距離がありました。
島根って、横に広いんですね。

お昼頃、萩に到着。
萩も結構広くて、おおまかに分けると、萩城エリア、武家屋敷エリア、
松下村塾エリアがあります。
今回は時間の関係で、萩城と武家屋敷を散策することにしました。

萩博物館の駐車場に車を停めて、まずは武家屋敷から。
この日は気温が38度という、かなりの暑さ!
そのせいか、以前訪れた時は観光客が多かったのに、人がまばらでした。

がらーん。。。。
hagi4.jpg

時おり、幕末好きと思われる女子たちが歩いてました。
彼女たちが向かう先は…。

このお方の生家。さて、誰でしょう?
hagi1.jpg

hagi2.jpg
はい、高杉晋作です。
女子たちに人気あるんですね。

hagi3.jpg

こちらは桂小五郎(木戸孝允)のお家。
hagi6.jpg

hagi8.jpg

達筆です…!
hagi7.jpg

萩の町は好きです。
もっと涼しい時期に来たいなあって思います(こればっか)
hagi5.jpg

暑さを逃れて休憩した、昔ながらの喫茶店。いい感じ♪
hagi9.jpg

城下町を後にし、次は萩城へ。
大河ドラマ「花燃ゆ」を見たせいか、前回よりも感慨深いです。
お城といっても建物はないので、城跡ですが。
「花燃ゆ」では、文が毛利家につかえた時に登場しましたね。

hagi10.jpg

萩城は、関ケ原の合戦で敗れた毛利輝元が防長二州・三十六万石の
居城として、慶長9年に築城を開始しました。
標高143mの指月山の山麓に本丸が築かれたことから、指月城とも
呼ばれます。
明治7年に解体されるまで270年間、毛利氏13代にわたり威容を誇ったのです。

hagi11.jpg

hagi12.jpg

萩の町は、他にも見どころがたくさん!
前回は2日ぐらいでまわりました。
今回は半日しかなかったので、またゆっくり来たいです。

萩城を後にし、この日のお宿「萩小町」へ。
お部屋の窓を見ると、海が目の前という抜群のロケーション!
hagi13.jpg

夕食は海の幸を満喫!
hagi14.jpg

とても素敵な宿でした。
「夕景の宿 海のゆりかご 萩小町」
http://www.hagi-komachi.jp/

中国地方の旅は、無事に終わりました。
本当は最終日に秋 吉台に寄る予定だったのですが、台風の接近により
急きょ取りやめました。
前回も雨だったので、リベンジだったのですが。。。。
次回に持ち越しです。

帰りの新幹線の車窓から。台風が接近中でした。
hagi15.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

祝!漱石山房記念館 [夏目漱石]

ついに、昨日9月24日に漱石山房記念館がオープンしましたね!

三年前に初めて漱石公園を訪れた際には、あまりにも寂しい
感じがして、愕然としましたが(苦笑)
ようやく、この日を迎えました!

三年前の記事はコチラ↓
http://cscafe-vitz.blog.so-net.ne.jp/2014-03-06

本来月曜日は休館日ですが、今日は特別に開館しているというので、
早速行ってみました。
場所は、漱石公園と同じところ。
漱石山房の跡地です。

以前の写真と比べると一目瞭然。立派になりました~!
sosekisanbo1.jpg

中はガラス張りで明るいです。
sosekisanbo2.jpg

導入展示ブースを抜けると展示室になります。
観覧料は、一般300円、小中学生は100円。

展示室の手前で、松山の観光PRでパンフレットが配布されました。
松山というと、子規の故郷。
漱石先生も教師として赴任中に子規と暮らした、縁のある場所。
以前訪れた時には松山城と道後温泉にしか行けなかったので、今度は
漱石先生と子規、ついでに秋山兄弟の聖地巡りをしたいと思います♪

さて、最初の展示は、漱石山房再現展示室。
sosekisanbo6.jpg

そこに漱石先生が座っていた…そんな妄想をすると、感動もひとしお。
ここで、たくさんの名作が生まれたのですね!
時おり、窓の外を見ながらボーっとしたりも…してたんでしょうかね。
sosekisanbo8.jpg

火鉢もありますね。
こういう雰囲気に憧れて、実際に生活しちゃった人もいますよね(宮本先生)
sosekisanbo7.jpg

たくさんの本に囲まれている…というか、本が積んでる感じが
いかにも漱石先生っぽく、いいなあと思います。
ちゃんと本棚にしまってあるんじゃなくて、こういう風に積んである
っていうのがいいです。好きです!

2階に上がると、直筆原稿や先生が送った手紙、先生宛の手紙、そして
先生愛用の長襦袢が展示されてました。
思ったより、少ないかな。
まあ、これから小出しにしていくんでしょうかね?
きっと企画展なんかもやるでしょうしね。

漱石先生の原稿や手紙などは、いろんな展覧会で見ているので、
慣れてしまっている自分がいるのかもしれません。

先生が書いた原稿…!
先生の字…!
先生が着ていた長襦袢…!

よく考えたら、すごいものを見ているんですよね。
時々訪れて、認識しようと思います。

展示を見た後は、入口にあるブックカフェ「CAFE SOSEKI」でお茶しました。
漱石先生好きだったという、空也最中とお茶のセットやケーキセットなども
あるようですが、今日はあいにく入荷がないとのこと。残念…。
明日からは、入荷するようですよ。

代わりに勧められた、メレンゲのお菓子とほうじ茶を頂きました。
カフェの店員さん曰く、昨日は初日だったのでかなり混雑していたそうです。
今日は空いてたので、よかった♪
sosekisanbo11.jpg

カフェにはお菓子のほかに、ブックカバーやしおりなどのお土産や漱石先生に
関連する本なども販売してます。

こちらは、隣接する漱石公園。
先生の像は以前のまま。
sosekisanbo5.jpg

道草庵も健在。
確か、中でビデオを流してくれたような。
sosekisanbo4.jpg

猫塚も残ってます。
sosekisanbo12.jpg

そういえば展示室に、漱石先生語録が並んでるブースがあったのですが、
やっぱり先生の言葉って心に響くんですよね。
作品ごとに、ああ、この言葉よかったよな~と思い出したりして。
なんだか久しぶりに先生の作品を読みたくなりました。
何を読もうかな~。

漱石山房記念館の詳細はコチラ↓
http://soseki-museum.jp/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おもてなし [日々の出来事]

友達の結婚式に行ってきました。
新郎新婦のおもてなしがたくさん詰まった、素敵な式でした。
wedding2017_2.jpg

結婚式って、その人のいろいろな面を知ることができますね。

彼女とは、知り合ってからまだ3年ほど。
そして、私が知っているのは、職場での彼女。
私の知らない子供の頃、学生時代、社会人になってからの彼女の
人柄が、さまざまな人たちから語られました。

共通しているのは、周りの人をとても大切に考える、
思いやりのある人だということ。

女子力があって、思いやりのある彼女だからこそ、素敵な旦那様と
出会い、幸せになることができたんだなと思いました。

こんなに幸せな場に招待してもらったことに、ただただ感謝です。

式が終わった後「次はヴィッツさんの番だよ」と言って、ブーケを
頂きました。

ありがとう!
私も彼女を見習って、周りの人を大切にする人になりますね。

wedding2017_1.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -